白玉粉と水と砂糖混ぜてレンジ!苺大福

白玉粉と水と砂糖混ぜてレンジ!苺大福
苺大福を簡単におうちで作りましょ!!!

材料 (いちご12個分(大なら10個分))

いちご
中12個(大は10個)
あんこ(つぶあん、こしあんどちらでも可)
250gくらい
120g
砂糖
70g
1カップ(200ml)

1

まず、いちごを洗ってヘタをちぎって取り、水気をふきとります。(包丁でヘタを切ると水分がでてあんこがつきにくくなります。)

2

写真

つぎに、あんこでいちごを包みます。あんこを約20g(ピンポン玉くらいの大きさ)に丸め、それを平らにつぶします。

3

写真

いちごのヘタのついていた方を、包むようにあんこをくっつけます。

4

写真

これを12個分作っておきます。

5

写真

白玉粉と砂糖、水を耐熱ボウルに入れてよく混ぜる。(食紅を入れるとピンクに☆
注)入れる量はほんの少しで十分です!)

6

ラップをしっかりかぶせ、レンジでチン!!
500wで5分、うちは900wなので4分強でオッケーです☆

7

写真

その間に、まな板の上に片栗粉を広げておきます。
そして、お皿等の上にお弁当用のアルミカップを並べておきます。

8

写真

チンが終わったらボウルを取り出し、ゴムベラなどでもちをはがし取り、まな板にのせる。(写真はチンした後のものです☆)

9

片栗粉をもちのまわりにまんべんなくつけ、包丁で12等分(または10等分)にする。※熱いので気をつけて★

10

12等分にしたもちをまな板の上で平らに伸ばす。(手にも片栗粉をよくつけて、指で広げるようにのばす。)

11

写真

あんで包んだいちごをまな板にもってきて、広げたもちを上からかぶせ、いちごのとがったほうを下にして手で持つ。

12

指に片栗粉をつけながら、あんこが隠れるようにもちを引っ張りながらつまんで閉じる。(もち同士は熱いうちがくっつきやすい!)

13

写真

閉じた方を下にして手のひらにのせ、大福の形を整える。
カップにのせたら出来上がり☆☆

14

写真

食紅なしではこんな感じです☆個人的には白が好きです!

コツ・ポイント

食紅を入れずに白いもちで作ったら、いちごのトンガリがうっすら見えて可愛いですよ!!

このレシピの生い立ち

主人のお母さんは、ピザやケーキ、栗の渋皮煮などなどほとんどを手作りでする方で、わたしもたくさん教えてもらってます。特にこの苺大福はめんどくさがりやの私にも簡単に作れるので、よく作ります。お呼ばれのときに手土産にも喜ばれます☆
レシピID : 766052 公開日 : 09/03/22 更新日 : 10/03/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

13/03/24

写真

紅白で作ってみました。初めてでもおいしく出来ました♪

エンテれいに

まん丸で美味しそうな大福~!ありがとうございますー!!

13/01/25

First tsukurepo mark
写真

すっごく簡単にお餅ができてびっくりしました!私は三色で作りました

中澤ざま子

ありがとうございます~☆3色大福!可愛い~!柔らかさが○!!