レチェ・フリータ(カスタードの揚げ菓子)

レチェ・フリータ(カスタードの揚げ菓子)
香ばしい衣と中のとろとろカスタードクリームのハーモニーが病みつきになる簡単揚菓子です!
茶色はコゲでなくシナモンです。

材料

2コ分
☆砂糖
60g
☆牛乳
250cc
☆バニラパウダー(バニラエッセンスやオイルでも可能)
適量
☆レモンの表皮(レモンオイルやエッセンスでも可能)
少量
小麦粉
適量
溶き卵(衣用)
1コ分
適量
適量(フライパンに2cmほど)
粉砂糖
お好みで
シナモンパウダー
お好みで

1

【前準備】
カスタードクリームを作り、一晩冷蔵庫で冷やしておく。
(☆は、クリームの材料です)

2

【続き】
レシピID :764006でクリームを作りましたが、別レシピで作る場合、とろみの強いものを選んでください。

3

【下準備】
パン粉をフードプロセッサーかすり鉢で細かくしておく。

4

冷やして固めたクリームを平らなところに置き、端から2cm幅に細長く切り、さらにそれを5~6の長さに切り分ける。

5

4を一個ずつ形を崩さないように気を付けながら、まず小麦粉をつける。

6

5を溶き卵に浸けて全体に丁寧にまぶしつける。
クリームをフォークに乗せると、やりやすいです。

7

6をパン粉の中で転がして、全体にまぶしつける。

8

フライパンに油を2cmくらいの深さに入れて170℃に熱したら、衣付きクリームを数個ずつ入れる。

9

こんがり揚がったら、フライパンから上げて油を切る。

10

クリームには既に火が通っていますので、焦げ目が付かない程度軽く揚げるだけで良いです。
でないとクリームが溶け出します。

11

冷めないうちに、粉砂糖とシナモンパウダーをふりかける。

12

揚げたてが最高に美味しいですが、冷めても結構美味しいですよ。

コツ・ポイント

油の温度170度は、油に浸けた菜ばしの先から細かい泡が出る程度です。
あまり勢いよく泡が出ると、温度が高くなりすぎた印です。

このレシピの生い立ち

以前先輩からいただいたレシピが出てきたのですが、作り方以外のところはさくっと抜けていたため、様々な情報がよくわかりません。
しかしどうやら講師の方はイタリア人ぽいし、シチリアがスタンダードな流れだったので、多分シチリア系。
レシピID : 768693 公開日 : 09/03/25 更新日 : 09/03/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」