飾り包丁とは

料理の見栄えをよくするために、調理の際、野菜や魚など食材の表面に切れ目を入れること。火の通りや味の含みをよくする効果もあります。

なすやいかなどの表面に斜め格子状に切り目を入れる、しいたけの笠に十字の切り込みを入れる、煮魚や焼き魚の表側に切れ目をいれる、などがこれにあたります。

なすに飾り包丁

C4be3f2bc1116e467c77e94093007f33