強火・中火・弱火とは

強火は鍋底全体に火があたるくらい、中火は鍋底に火の先があたるくらい、弱火は鍋底に直接火があたらないくらいの火加減のことをいいます。IH調理器の場合には、温度調節の設定が各メーカー・商品によって異なるため、必ず取扱説明書を参照します。

強火

強火といっても鍋底から火がはみでないよう、鍋のサイズに合った火加減に調節します。

33bead8d37d59bb3d63115aab58f0549 煮汁がグラグラ煮立つくらいの火加減

IHの場合は10段階調節の製品で7〜9(1000w〜2000w)くらいが強火の火力にあたります。鍋の中の様子を見ながら調整します。

6a64a913ddde9e79a510328e777bde3e

中火

鍋底に火の先があたるくらいの状態です。

20d013d57bd1b7e0378c5756b426ffaa 煮汁がフツフツ煮立つくらいの火加減

IHの場合は10段階調節の製品で4〜5(500w〜1000w)くらいが中火の火力にあたります。鍋の中の様子を見ながら調整します。

54ee9d5adb15c76a8d68a0d04f789809

弱火

鍋底に直接火があたらないくらいの弱い火加減です。

C965b2f7ba171e5b079b346bdab01060 煮汁がコトコト波打つ程度に保つ火加減

IHの場合は10段階調節の製品で2〜3(300w〜500w)くらいが弱火の火力にあたります。鍋の中の様子を見ながら調整します。

8a7e03f24b5d9588b9a0a010219b941f

弱火よりもさらに弱くやっと火がついているくらいの火加減をとろ火といいます。

Fb722aa546e4bc8395ded9eb740446a0 煮汁の表面がゆらゆらゆれる程度の火加減

IHの場合は10段階調節の製品で1〜2(250w前後)くらいがとろ火の火力にあたります。

火の強さと適した料理

火の強さ 適した料理
強火 中華の炒め物、煮汁をわかす
中火 肉じゃが、かぼちゃの煮物
弱火 シチューなどの煮込み料理、じっくり味を含ませる煮物
とろ火 汁を保温する、煮豆、おかゆなど汁気の少ない煮物