春の訪れ☆めばるの煮つけ(下処理付き)

春の訪れ☆めばるの煮つけ(下処理付き)

Description

早春の初々しさを感じる味がしますね♪わたしはこっくり煮つけています☆ペロっと食べてしまいます!

材料 (1~2尾)

めばる(写真は青森産)
1~2尾
1片
◆水
150cc
◆酒
100cc
大1
◆砂糖
大1.5
◆醤油
大2
付け合わせ(茹で竹の子、生わかめ、スナップエンドウ、木の芽など)
適量

作り方

1

【下処理①】包丁の背を使って、うろこをこそげ取る。(頭左手)

2

写真

【下処理②】えらを除くため、頭を右腹を上にして、下あごの付け根を逆包丁ではずす。

3

【下処理③】えらの周りに包丁をいれてえぐり、包丁でえらを押さえて魚を持ち上げてえらを掻きだす。

4

写真

【下処理④】胸びれの下から切りこみをいれ、包丁で内臓を押さえて魚を持ち上げて内臓を掻きだす。

5

【下処理⑤】腹の中を水洗いし、水分を拭く。

6

写真

【下処理⑥】盛りつけるように頭を左にして、身の厚い所に切りこみを入れる。

7

【下処理⑦】よ~く洗う。あるいはあまり熱すぎない湯で下ふりし、臭みや汚れやうろこを落とし、すぐに氷水に取り、水分を拭く。

8

◆を煮たて、めばるを入れ、生姜の薄切も加え、紙蓋をかぶせて途中煮汁をかけ回しながら煮汁が1/2程になるよう15分程煮る。

9

下処理した付け合わせを添え、煮汁を煮詰めてかける。

10

写真

赤ムツ(ノドグロ)です♪

コツ・ポイント

しもふりでよく臭みが抜けます。熱湯すぎると皮がはがれ落ちてしまうので注意。煮汁の泡が立つ程度の中火で煮ます。この煮汁で豆腐を煮つけても美味☆しっかり身のつまっためばるを仕入れましょう♪※新鮮なほど皮がハチキレやすいそうです。

このレシピの生い立ち

春告げ魚として毎年楽しみにしています♪
レシピID : 1060159 公開日 : 10/03/06 更新日 : 10/11/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

10 (8人)

19/05/17

写真

内臓処理も頑張りましたよ

クック8J0LFQ☆

お疲れさま~美味しそう♬

15/11/06

写真

日本を出て5年。初めて煮付けしました^^; 美味しかったです!

グルメCoco

異国の地で!ありがとうございます^^

15/10/24

写真

ちょうどの塩加減で美味しかったです。また作ります!

パセリセリ

まるまると美味しそうですね~^^どうもありがとう♪

13/07/29

写真

臭みもなく身が柔らかくて美味しかったです!!分量暗記したいです♪

まーてぃん☆

美味しそうです^^作ってくださってありがとう♪