海外でも!梅干じゃなくてアプリコット干♪

海外でも!梅干じゃなくてアプリコット干♪
アプリコットを使っての梅干もどき。酸っぱくてしょっぱくて、柔らかくて結構簡単です。自分の覚書用です。

材料

アプリコット
1Kg
塩(アプリコットの16%~18%)
160g~180g
クエン酸(アプリコットの2%~3%)
20g~30g
ウォッカ
適量
あれば赤シソ

1

写真

塩とクエン酸を混ぜ合わせておく。

2

写真

アプリコットをやさしく洗って、ペーパータオルで水気を拭き取り、へたを楊枝で取る。

3

②をウォッカを染み込ませたペーパータオルで拭く。(カビ防止のため)

4

写真

消毒した瓶に①と③を交互に入れる。(瓶は煮沸+ウォッカ消毒)
そのまま1ヶ月以上パントリーで保存。

5

写真

保存中、水分が出てくるので、1日に1回ほど瓶を振って水分を行き渡らせるようにする。写真は2日後。すでに嵩が減ってきてます

6

写真

しっかり漬かったら、天気のいい日に外に干す。1日目は網にくっつきやすいので早めにひっくり返してつかないようにする。

7

写真

1日目の夜に、干したアプリコットを⑤に戻すと柔らかくなるようですが、すでに柔らかめだったので省略。そのまま室内へ。

8

2日目、3日目と干したら出来上がり。雨にぬれないように気をつけて。写真⑥のかごでも⑦の網でもOK。段々塩が吹いてきます。

9

写真

10

早速おにぎりに入れてみました。色はちょっと黄色いけど、味は酸っぱくてしょっぱい梅干でした。カビもせず旨くできました。

11

*赤しそがあったら⑤で水分が出てきたら塩もみして灰汁を抜いたものを入れるといい。しそ入りにしたら良い感じでした。

12

2013年は、塩16%、クエン酸2%で漬けました。私はこっちの方が酸っぱさ、しょっぱさ共に好きかも。

13

2014年11月4日(記録)
*アプリコット:1.24kg*塩:17% 210g 
*クエン酸:2% 24g

コツ・ポイント

11月になって出始めの若そうなアプリコットが良いです。熟しすぎのものは漬けている時にぐちゃぐちゃになってしまうようです。

クエン酸はCitric Acidと言ってスーパーのベイキングパウダーが売っている所にあります。
塩は伯方の塩使用。

このレシピの生い立ち

海外では手に入りにくい日本食材。売っていても高かったり、日本のものではなかったり。そこで、梅に似ているアプリコットでできないかと考え、いろいろ調べて自分のやりやすいように改良しました。
レシピID : 2054049 公開日 : 12/12/10 更新日 : 14/11/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

23 (22人)

18/05/24

写真

出来上がりがt楽しみです!

Yokchina

作ってくれてありがとう!美味しく出来てたら嬉しいな(≧▽≦)

18/04/25

写真

Sydです!もう高い梅干買いません!梅酢も作れて感激。

リクエッセント

すっごくいい感じ(^^)v仲間が増えてうれしぃ!ありがとう。

18/01/28

写真

庭の杏から作りました。本当に梅干の味が!します。

Mollida

自宅で採れるなんて最高!とってもいい感じ。SAからありがとう

18/01/10

写真

ふくふくの梅干しみたいな見た目、味、 食感。幸せです♡

もこりす

にたような物でも嬉しいですよね!AUSからありがとう☆

1 2 3 4 5
Profile mwk 2014年06月23日 07:21
質問させてください。写真の、アプリコットを干している吊り下げネットの様なものは、英語で何ていうのですか?是非このレシピ様に購入したいのですが。。。よろしくお願いします!
まちゃこです。 2014年06月24日 18:46
mwkさん

英語での名前はちょっと分かりませんが、私が買ったのは、アジアングロッサリーで雑貨なども売っているお店でした。
あと、DAISO(オーストラリアの)でも見たことがあります。それと、オーストラリアでは通称?”2ドルショップ”というのがあるんですが、店内全部2ドルとかではなく、安いお皿やキッチン用品、パーティーグッズなど日本の百均みたいなものが売っている店に売っているのをみました。

あとは、ざる等で代用してもいいと思います。

英語名が分からなくてすみません。売っている場所の参考になればいいのですが。。。。