材料4つ。正統派。クレーム・ブリュレ

材料4つ。正統派。クレーム・ブリュレ

Description

卵とクリームと砂糖だけの、一番シンプルで濃厚な正統派レシピ。
ひとくち食べたら「自分で作るのが一番おいしい」と思うはず。

材料 (ココット6個分)

新鮮な卵黄
3個分
牛乳(または豆乳orココナッツミルク)
150cc
40g(好みの甘さに調整)
きび砂糖またはブラウンシュガー(表面のカラメル用)
適量
※あればバニラオイルかバニラビーンズ
適量

作り方

1

※乳製品NGの方はココナッツミルクや豆乳で作ってくださいね。
生クリームよりさっぱりしますが、なめらかさは変わりません。

2

生クリームと牛乳を合わせ、指を入れて温かいと感じる程度に温める。
(熱いお風呂ぐらいの温度かな笑)。

3

ボウルに卵黄と砂糖とバニラを混ぜ、そこに2を注ぎ入れる。
※牛乳が熱すぎると卵が固まってしまうので注意してください。

4

写真

茶こしなどで2の卵液を漉しながら、ココット容器に注ぎ分ける。
※このひと手間でなめらかな食感になります。

5

写真

天板に3を並べ、熱湯を天板の高さの半分まで注ぎ、140℃に予熱したオーブンで40分ほど湯せん焼きする。

6

写真

焼き上がったら冷蔵庫で半日しっかり冷やす。
冷えたら上にブラウンシュガーをまぶし、魚焼きグリルであぶる。

7

写真

グリルであぶれない場合は、金属スプーンを赤くなるまで熱し、砂糖に押し付けて焼き目をつける。
外はパリパリ、中はとろ〜り。

8

【アレンジ】
牛乳(または豆乳)を濃いめの紅茶で煮だして、紅茶のブリュレにしても美味。
アールグレイがおすすめです。

コツ・ポイント

【焼き上がりの目安】
卵液の表面に膜が出来たら器のフチをゆすってみる。
中心がフルフルッとゆれるぐらいに固まっていたら焼き上がり。
冷蔵庫で冷やすと締まるので、まだちょっとゆるいかな〜ぐらいが目安。

このレシピの生い立ち

本場のクレーム・ブリュレはカソナード(てんさい赤砂糖)をバーナーであぶって仕上げますが、
バーナーがなくてもスプーンで「アメリ」のあのパリパリは作れます。

濃厚で、後味はすっきり。お気に入りの配合です。
レシピID : 2278352 公開日 : 13/07/06 更新日 : 16/03/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

44 (42人)

20/04/27

写真

生クリーム→ホイップ200ml、牛乳100mlで作りました!簡単にお店の味が食べられました♡またリピします!!

りいこ✨

20/04/04

写真

本格的で美味しかったです!お店のデザートみたいな味で感激しました⭐︎

Wheno

19/12/31

写真

美味しいです。ありがとうございました。

candy726

19/12/14

写真

すが入ってしまった。75gの5個、家のオーブンでは20分くらいで

青汁ピンコ

1 2 3 4 5