イサザのじゅんじゅん(すき焼き風)

イサザのじゅんじゅん(すき焼き風)
「じゅんじゅん」はすき焼きを指す滋賀県の方言。こたつ囲んでみんなで美味しい!あっさりヘルシーな湖国のすき焼き風鍋です。

材料 (1鍋分)

イサザ
500g
焼き豆腐
1丁(380g)
360g~500g
カップ1と1/3
砂糖
大さじ4
大さじ6
(卵
4個)

1

写真

イサザは洗って水切りしておきます。焼き豆腐は2cm角に切り、青ねぎは3cmのぶつ切りにしておきます。

2

写真

すき焼き鍋に水と調味料を入れ、沸騰したらイサザをパラパラと入れます。

3

写真

イサザに火が通ったら、焼き豆腐と青ねぎを入れて煮ます。青ねぎはかさが高いので、2~3回に分けて入れるとよいです。

4

写真

「じゅんじゅん」という音がして、全体が煮えたら、いただきます!(溶き卵をお好みでどうぞ)

コツ・ポイント

琵琶湖の希少な固有種・イサザは、冬~春に獲れます。くせがなく旨みが強い、とても美味しい湖魚です。

湖国・滋賀にはイサザの他にも、ウナギやナマズなど多彩な湖魚の「じゅんじゅん」が伝わっています。

このレシピの生い立ち

調理・レシピ監修: 小島朝子 先生   
撮影協力: 滋賀県農政水産部水産課
レシピID : 2472113 公開日 : 14/11/17 更新日 : 14/11/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」