Xmas会用ターキー丸焼きロースト

Xmas会用ターキー丸焼きロースト

Description

クリスマスなのでチキンもいいけど、七面鳥を焼いてみよう。

解凍に1週間かかるけれど、焼くのは簡単でパーティの人気者。

材料

本体
ターキー
3.5キロ
スタッフィング(詰め物)
冷凍ピラフ
400g
表面
バター
30g
少々
岩塩
少々
5%の塩水(ブライン液)
4リットル
180g
5−6個
タマネギ
1個

作り方

  1. 1

    写真

    冷凍ターキーを入手する。3.5キロでこのぐらいの大きさ。

    ビールは使いません。

  2. 2

    冷蔵庫でゆっくり溶かす。4−5日かかる。

    おなかの中から首がでてきてびっくりする。

  3. 3

    写真

    5%の塩水を作る。

    今回はコンソメを加えた分塩を減らした。

    その他、タマネギとかローレルとかにおい消しを入れる。

  4. 4

    写真

    まずは煮込んで液状にする。

    その後冷やす。

  5. 5

    写真

    ターキーを塩水につけて一晩冷蔵庫で保存。

  6. 6

    写真

    一晩塩水につけたら、よく拭いて中に冷凍ピラフを入れる。

    もちろんお好みのを入れてもOK.

  7. 7

    写真

    足を閉じて、周りにバターを塗る。

  8. 8

    写真

    さらに表面に塩と香菜を塗り込む。

  9. 9

    オーブンに入れて焼く。

    温度は160℃が基本。表面が焦げてきたら150℃にさげて調整する。

  10. 10

    写真

    胸に刺さっている印が見える位置にして焼く。

  11. 11

    写真

    たまに皿にたまった汁を取り出して、

  12. 12

    写真

    皿の汁を上からかける。

  13. 13

    写真

    中が適温になったら印が飛び出してくる。念のため10分ぐらい追加して完了。

    温度計で計ってもいい。

  14. 14

    写真

    2−3時間で完了!!

コツ・ポイント

■全体スケジュール
5−6日前: ターキーを買って冷蔵庫でゆっくり解凍。
1日前: ブライン液(塩水)を作る。
     ターキーをつけ込む。
当日:  オーブンに入れる。2−3時間で完了。
     内部温度が80℃が目標。目印でわかる。

このレシピの生い立ち

クリスマスパーティにチキンじゃなくてターキーを焼いてみようと思った。

ターキーはパサパサと聞いたことがあったが、5%の塩水(ブライン液というらしい)に一晩つけるとパサパサじゃなくてジューシーになるらしいと聞いてやってみた。うまい。
レシピID : 2933962 公開日 : 14/12/21 更新日 : 16/11/28

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

9 (9人)
写真

2018年7月8日

めちゃくちゃ美味しかったです!

xmasじゃなくて、夏のパーティも楽しそう!!

写真

2017年11月24日

レシピ参考になりました!ジューシーで美味しくできました♡

美味しそう。ソースを参考にしたい!!

写真

2016年12月28日

初ターキー、美味しくできました!

おいしそうに焼けてますね。メリークリスマス!!

写真

2016年12月27日

初めて塩水につけてやってみました!美味しくできました~!

周りのお皿みると、楽しいパーティだったみたいですねー。

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね