素朴で簡単で胃に優しい!母のあずき粥

素朴で簡単で胃に優しい!母のあずき粥
お正月にはあずき粥を食べるのが恒例です。我が家では自分で砂糖と塩を加減して、好みの味を作ります。それが楽しい素朴な一品。

材料 (4人分)

お米
1/2カップ
小豆
1/2カップ
3~4カップ
お好みで
砂糖
お好みで

1

写真

お米はといで、ざるにあげておく。

2

写真

小豆を洗って水に入れ、火にかけて沸騰させ、強火のまま少し小豆が柔らかくふやけるまで煮る。

3

写真

小豆が柔らかくなって、煮汁に色がついたら、ざるで豆が流れないよう押えてお湯を捨て、計った量の水を入れて再加熱する。

4

写真

小豆が柔らかくなるまでじっくりと煮る。水が蒸発して減った分を足して煮続ける。一粒取ってかんでみると状態が分かりやすい。

5

写真

最後にお米を入れて、お米も柔らかくなるまで弱火で煮る。

6

写真

器に入れて、砂糖と塩を添え、好みで砂糖と塩を入れて味をつけながら食べる。お漬物も添えて。

7

1月15日頃からアクセスが急上昇!我が家ではお正月に食べていましたが、普通は小正月に厄払いで食べるものだったようです。

コツ・ポイント

小豆はそのまま煮ます。一度煮こぼしたら、後は小豆が柔らかくなって、豆がほぐれるようになるまで時間をかけて煮てください。
お米は洗って水をふくませておいて、最後に柔らかくなるまで小豆と煮ます。

このレシピの生い立ち

子どものころは、ご飯に砂糖を入れるなんて、と思っていましたが、年を取ると、あんこ入りお粥として、砂糖を入れ少し塩を加えて食べるのが好みになりました。
この作り方で作ると冷めてものり状になりません。ぜんざいのように温めなおしができますよ。
レシピID : 2935121 公開日 : 15/01/02 更新日 : 15/01/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

16/01/15

First tsukurepo mark
写真

初めて作り楽しく美味しくできました。感謝合掌♪( ´▽`)

ぼちぼち料理してます

作っていただけて嬉しい。菜の花がステキ!つくれぽに感謝です。