豚ハツと馬鈴薯 からし醤油

豚ハツと馬鈴薯 からし醤油
ハツ(心臓)は内臓の部位の中でも一番食べやすく、手に入りやすい部位だと思います。脂分も少なく、味はしっかりしていて、臭みもありません。じゃがいもと炒めてみました。ビールのおつまみに。

材料 (1人分)

豚ハツ
100g
じゃがいも
メークイン1個
パセリ又は葱
適宜
塩胡椒
少々
からし醤油
適宜

1

じゃが芋は千切りにして、さっと水に放ち、でんぷん質をとります。パセリまたは葱を細かくきざみます。

2

中華鍋にサラダ油をしき、ハツに色がついたらすぐにじゃがいもも加えます。じゃがいもがすきとおるくらいが目安。ハツは火が入りすぎるとゴムのようになってしまうので強火で手早く炒めます。

3

塩胡椒して、パセリか葱をちらしたら出来上がりです。そのままでもいいですが、からし醤油をまわしがけて。

コツ・ポイント

ハツは、炒めすぎると魅力半減なのでじゃがいもにしっかり火を通してからくわえてください。

このレシピの生い立ち

ものすごいその場のインスピレーションでつくったのですが、これおいしかったです。ビール好きにおすすめ!
レシピID : 33902 公開日 : 01/11/06 更新日 : 03/05/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」