華やか 菊花かぶ

華やか 菊花かぶ
テーブルに、おめでたい菊の花が咲く!
華やかな、和のおしゃれメニュー。おもてなしやお祝い、お正月料理におすすめです。

材料

小かぶ
8個
柚子
少々
菊の葉
適宜
A 酢
大3
A 水
大1
A 砂糖
大2
A あらしお
小1/2

1

写真

かぶは茎を落として皮をむき、下から1センチくらい残して、細かく縦に切り込みを入れる。蕪の両側に竹串をおいて切るとよい。

2

写真

縦が切り終わったら横にも。碁盤の目のように包丁を入れる。切終わると写真のようになる。

3

写真

切目の入った方を下に向け、塩水(水1カップ:あらしお 小さじ2)に入れる。(これを立て塩という)
約20分間漬ける。

4

写真

赤唐辛子はぬるま湯に漬けて柔らかくしてから種を取り、細く輪切りにする。柚子も細かく切る。

5

写真

Aの甘酢の材料を合わせ、赤唐辛子・柚子を入れ、立て塩に漬けたかぶの水気を絞って漬ける。2~3日漬けておく。

6

写真

盛り付ける時、かぶの切れ目を花びらのように開き、中心に一緒に漬けこんだ赤唐辛子や柚子をのせる。

7

写真

菊の葉を添えれば、一層華やかに!

コツ・ポイント

3の立て塩(水1カップ:あらしお小さじ2)は、海水と同じくらいの濃さの塩水。魚介類を洗ったり、野菜をしんなりさせたり、果物の色止めに使うことができます。

立て塩に漬ける時間が長く、しょっぱくなってしまったら、水洗いをしましょう。

このレシピの生い立ち

日本料理には、塩使いのいろいろな技があります。そのひとつが「立て塩」。りんごを立て塩にくぐらせると、茶色く変色するのを防げます。
日本料理ならではの技を使った、簡単でかっこよく決まるメニューです。

レシピID : 3472886 公開日 : 15/10/22 更新日 : 15/10/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」