【京都丹波】生きゅうりのQちゃん漬け

【京都丹波】生きゅうりのQちゃん漬け
南丹市日吉町の直売所「郷の駅 胡麻屋」おすすめレシピ。胡麻地域のきゅうりは瑞々しくて美味しい。地域で大流行したレシピです

材料 (ひと夏分)

きゅうり
2キロ
醤油
270cc
180cc
135cc
かつおぶし
5~6g
昆布
10㎝角
タカノツメ
5本
ひとかけ
いりゴマ白
適宜

作り方

1

かつお節はお茶パックに入れておく。昆布、しょうがは細切りにしておく。

2

きゅうりとゴマ以外の材料を全て鍋にいれておく。

3

別の大きな鍋にきゅうりがつかる位、たっぷりお湯を沸かす。

4

3の沸騰した中へ生のきゅうりを丸ごと入れ、すぐ火を止め、蓋をして10分置いて引き上げる。お湯は捨てない。

5

再び鍋のお湯を沸騰させ、きゅうりを入れ、火を止め、蓋をして10分置いて引き上げる。

6

もう1度これを行う。3回目に引き上げたきゅうりを冷まし、2~3㎜の輪切りにして固くしぼる。

7

合わせておいた調味料を沸騰させ、しぼったきゅうりを入れ、すぐに火を止め蓋をして10分おいてザルに上げる。

8

これをもう2回行い、最後はザルに上げずゴマを入れ、汁ごとなるべく早く冷水などで冷ます。タッパに入れ、冷蔵保存する。

コツ・ポイント

カリカリで味がしみたきゅうちゃん漬けに仕上げるポイントが10分置いて引き上げる作業を繰り返すところ。
歯ごたえのあるのが好きな方は、厚めの4~5㎜に切ってみてネ。しょうがも少し多めに入れ、厚めの細切りにすると存在感が出て良いです!

このレシピの生い立ち

日吉町胡麻地域で採れるきゅうりは瑞々しく美味しいので、是非初めは生で食べてみて!
京都丹波の直売所には、四季折々の京野菜や丹波のブランド特産物が揃っています。京都丹波まで足をお運びいただき、京都丹波の食材でこのレシピをお楽しみ下さい。
レシピID : 3975582 公開日 : 16/07/20 更新日 : 16/07/20

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

17/07/13

First tsukurepo mark
写真

畑のきゅうりで作りましたとても美味しく出来ました、感謝

アルザス姫

収穫が追いつかない時、保存食として良いかもですね!!