金沢春菊の酢の物

金沢春菊の酢の物
金沢春菊で酢のものを作ってみました。春菊を茹でるくらいで簡単にでき、しかもおいしいです。酒のつまみにぴったりでーす。

材料 (2人分)

金沢春菊
一袋
鱈の白子(生食用)
70g
甘海老(大)
6尾
10g
柚子
少々
食用金箔
適宜
50cc
砂糖
大さじ1
大さじ1/2
大さじ1

1

写真

春菊は葉を摘み取り、熱湯でさっとゆで、水にとって冷まし布巾などで水けを取る。

2

写真

鱈の白子はさっと洗って食べやすい大きさに切る。
甘海老は殻をむき、背ワタを取って水洗いする。

3

写真

器に二つに分けた春菊と白子、甘海老を盛り付ける。
生姜とゆずの皮を千切りにし飾る。

4

写真

ボールにすべての調味利用と水を加え混ぜ、二等分して3に回しかけ、有れば食用金箔を飾る。

コツ・ポイント

春菊は意外に灰汁がないのでさっとゆでる。
甘海老はむいただけでは臭みが残るので水洗いをすること。
ゆずの皮は白い部分が入ると苦みが出るので薄くへいで千切りにする。

このレシピの生い立ち

金沢春菊で酢のものを作ろうと思い立った。
旬の時期が同じ鱈の白子を使うことにした。
金沢という地域柄食用金箔も普通に出回っているので使うことにした。
甘海老は通年で回っているので使ってみた。
なんとなく金沢らしい酢の物になった。
レシピID : 4496244 公開日 : 17/04/28 更新日 : 17/04/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」