アメリカ西海岸風☆魚介のトマトスープ

アメリカ西海岸風☆魚介のトマトスープ
カリフォルニア・サンフランシスコで愛される、魚介とトマトのうまみたっぷりの煮込みスープ♪簡単に本格的な味が楽しめます☆

材料 (2人分)

アルゼンチン赤えび
4尾
ムール貝
6個
あさり
100g
白身魚(たら)
2切れ
たまねぎ
1/2個
大さじ1
A
カットトマト缶
1缶
乾燥バジル
少々
白ワイン、水
各1/2カップ
小さじ1/3と少々
砂糖、こしょう
各少々

1

写真

今回のおすすめ食材は、アルゼンチン赤えびとあさりです。

2

あさりは薄い塩水(分量外)につけて砂出しをする。

3

たまねぎは角切り、にんにくは皮をむいて包丁の腹でつぶす。

4

鍋にオリーブ油を熱して<3>を加え中火で炒め、しんなりしたらAを加え、弱中火で時々かき混ぜながら30分ほど煮込む。

5

赤えびは殻つきのまま背に竹串をさして背ワタを取り除き、<2>とムール貝はよくこすり洗いして、ムール貝の髭ははさみで切る。

6

たらは洗ってペーパータオルで水気をふきとり、半分に切る。

7

<4>に<5>、<6>を加えてふたをし、貝の口が開くまで中火で煮る。

8

塩、こしょうで味を調え、イタリアンパセリを散らす。

9

写真

おすすめアメリカワインマリアージュ「ロバート モンダヴィ ウッドブリッジ エクストラ ドライ」

コツ・ポイント

魚介に火を通しすぎないように、まずはトマトソースを煮込んでから魚介類を加えてさっと煮ましょう。

このレシピの生い立ち

フランスのブイヤベースにも似た料理です。本場サンフランシスコでは、その日にとれた様々な魚介類をふんだんに入れて作るそう。殻つきのえび、貝類からよいだしが出て、スープが極上の味わいに仕上がります。
レシピID : 4711782 公開日 : 17/10/02 更新日 : 17/10/02

このレシピの作者

世界を旅すると、新しい発見がいっぱい。初めて食べる料理やその国ならではの食文化。世界にはまだまだ「いいもの」がたくさんあります。でも、行かなきゃ分からないなんてつまらない。本場の雰囲気さながらに、日本にいながら「いいもの」を楽しんじゃおう!というのがイオンワールドフェアのキッチンです。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

19/02/23

First tsukurepo mark
写真

魚介のトマトスープ作りたくて見させていただきました、美味♡❢

もすろー

挑戦してくれて有難う^^トマトがさっぱり美味しいですよね♪