ツバスのみりん干し

ツバスのみりん干し
刺身で食べきれないツバスをみりん干しにしてストック!
後日焼いて食べましょう^^

材料 (8切れ分)

ツバス
1尾
少量
1/3カップ
1/3カップ
白ごま
適量

1

写真

下処理したツバスを3枚におろす
(腹骨、血合い骨はお好みにより抜く)

2

軽く振り塩をしてしばらくおく。(20分くらい)

3

写真

密閉袋に煮切った酒とみりんを入れ、②のツバスを適当な大きさに切り分けて入れ封をして冷蔵庫で2時間ほど漬け込む。

4

写真

汁気を切り、干し網などに入れて表面が乾くまで干す。
適度に風が当たると乾きやすい。

5

干し上がったらグリルなどで焼いて食べる。
冷蔵庫で3日ほど保存がきく。
すぐ食べない場合は冷凍庫へ。

コツ・ポイント

・完成写真は干しあがった状態、半身分
(焼く前の状態です)
・冷凍保存する場合は2週間程度を目安に使いきって下さい。あまり冷凍期間が長いと冷凍やけしたり品質が劣化します。

このレシピの生い立ち

まとまって手に入った時など刺身や塩焼き、煮物で食べきれない時には保存の効くみりん干しにするのがオススメです^^
レシピID : 4803306 公開日 : 17/11/13 更新日 : 17/11/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」