年末年始の残り物で里芋ポタージュ。

年末年始の残り物で里芋ポタージュ。
お正月のお雑煮用に下茹でしてあった里芋、それから年越し蕎麦の薬味の長ネギを使い切りたくて、創作してみました

材料 (二人分)

下ゆでした里芋
4個くらい
長ネギ(または玉ねぎなど)
少々
生クリームまたは牛乳
適量
固形スープの素
1個
少々
こしょう
少々
バター
少々

1

(もし生の里芋から始めるなら、下茹でをする。鍋で茹でてもいいし、電子レンジでも良いと思います。)

2

鍋にバターを熱し、みじん切りにしたネギ類を炒める。透き通って来たら、水400ml、下ゆでしてある里芋をいれる。具が柔らかくなるまで煮る。

3

鍋の中身をフードプロセッサーかミキサーにうつして、ポタージュ状にする。(または、バーミックスなどを使ってもよいし、十分柔らかければ、木べら等で潰しても良い)

4

ポタージュ状になったら、鍋に戻して、再び火にかけ、牛乳あるいは生クリームを好みの分量いれて1−2分煮る。このみの濃さになったら、塩こしょうで味を整え、完成。

コツ・ポイント

ありあわせを使ったため、分量等は全て目分量です。

このレシピの生い立ち

年末年始の半端な食材を使い切るため考えました。いつも作るビシソワーズの要領で里芋のポタージュが完成しました。
レシピID : 483896 公開日 : 08/01/07 更新日 : 08/01/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」