皮から手作り小籠包

皮から手作り小籠包
外で食べるとお高い小籠包。これからは手作りで思いっきり食べられます!みりんの甘みとコクが隠し味★

材料 (約30コ分)

<タネ>
130ml
5g
豚ひき肉
200g
小さじ1/2
70ml
大さじ1
★しょうゆ
小さじ1
小さじ2
<皮>
180g
◆薄力粉
36g
◆塩
少々
◇サラダ油
小さじ1
◇水
120ml

1

鶏ガラスープの素小さじ1を200mlのお湯で溶き、70mlを取って冷まします。→③で使用

2

残りの130mlにゼラチンを入れて溶かし、冷やし固めます。→④で使用

3

ボウルに豚ひき肉、塩を入れてよく練り、鶏ガラスープを加えて混ぜ、★も加えて混ぜます。

4

②を細かく刻んで混ぜ、冷蔵庫で冷やします。(1時間~1晩)

5

<皮を作ります>
ボウルに◆を入れ、◇を加えて混ぜ、台の上でこねます。

6

表面がつるんとなればラップに包み、室温で休ませます。(約30分以上)

7

⑥を丸く広げ、④を包みます。
ホイルに1つずつ入れると、皮が破れても安心です☆

8

蒸気の上がった蒸し器で約10分蒸します。

9

ショウガのせん切り、黒酢を添えて食べると美味しいです♪

コツ・ポイント

ふやかすタイプのゼラチンは、前もって表記の通りの水でふやかしてから使います。

美しく包むのは難しいので、スープが漏れないようにしっかり閉じる!を目標に、みんなで楽しく包みましょう♪(キレイに包めなくても、蒸したら分からなくなりますよ^^)

このレシピの生い立ち

大好きな小籠包を、思う存分食べたい!!
そんな気持ちから生まれました。
みりんの甘みとコクが、中華にもピッタリ♪

担当:WaCreation 佐藤恵美
レシピID : 4946073 公開日 : 18/02/19 更新日 : 18/02/19

このレシピの作者

流山市が発祥といわれる「白みりん」
和食のイメージがあるかもしれませんが、ちょっと加えるだけで味に深みとコクを出してくれる「魔法のひとさじ」な万能調味料!プロの味を家庭で簡単にできる、あっと驚く、しかも可愛いレシピをご紹介します。
そして、それをみんなでわいわい囲む「シェアごはん」を一緒にやってみませんか?
料理担当:佐藤恵美

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

4 (4人)

19/02/11

写真

皮のレシピお借りしました!もちもちで美味しかったです♡♡♡

北の女子高生

ありがとうございます!

18/07/19

写真

皮がもちもちで美味しかったです。

あおちん

ありがとうございます

18/02/25

写真

家族で作りました!楽しかったし、アツアツを食べました!

わかこな

ありがとうございます

18/02/22

First tsukurepo mark
写真

ジューシーで安心でとっても美味しいです!!ありがとうございます!

yuri4272

ありがとうございます