ほやの炊き込みご飯

ほやの炊き込みご飯
宮城の郷土料理、ほやの炊き込みご飯です。ほや独特の臭いも和らぎ旨味のみアップ! ほやが苦手な人も食べられるかも・・・

材料 (4人分)

ほや (むきほや)
2袋(80g×2)
煎り酒(三河屋)
大さじ1
小さじ1/2
2合
 
茗荷 (みじん切り)
1個
細ねぎ(小口切り)
2本
大葉 (千切り)
2枚

1

ほやは食べやすい大きさカットする

2

米2合に煎り酒、塩を加え2合分の所まで水を入れてから、カットしたほやを乗せ電気釜で炊飯。

3

炊きあがったら軽く混ぜ合わせて器に盛り、茗荷、細ねぎを散らし大葉を乗せれば完成。

コツ・ポイント

”鮮むきほや”パック2袋(ほや2個分)を使用。袋から出してカットするだけで済みますので簡単です。
煎り酒の塩分濃度は醤油の6割程ですので薄味ですが、美味しく食べられかつヘルシーです。

このレシピの生い立ち

宮城県特産のほやを使って炊き込みご飯にした。本来はほやの皮も一緒に煮込んで、皮の出汁も利用するようですが、”鮮むきほや”のパックを利用して作った。
レシピID : 5261277 公開日 : 18/09/22 更新日 : 18/09/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」