ツバスの油煮

ツバスの油煮
春のたんちょすを紹介します。

材料 (10人分)

ツバス
500g
玉ねぎ
150g
10g
太白胡麻油
300g
塩(翁の塩)
5~7g

1

骨と皮を除いたツバスに塩をしておく。

2

玉ねぎをみじん切りし、分量内の太白胡麻油で飴色になるまで炒め、1のツバスを酒で洗い鍋に入れて炒めながらほぐす。

3

ほぐれたら油を少しずつ入れ馴染むように炊き、ミキサーにかける。

4

3を鍋に戻し、生姜の粗みじんを入れ、塩で調理する。

5

丁字麩を半分に切り焼いたものに4を乗せる。

6

香りなり触感なりお好みの物を乗せて楽しんでください。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

ピンチョス(串や小皿を使った一品料理)を京丹後の食材をふんだんに使ってアレンジした京丹後版ピンチョス。旬の食材を使い「四季折々のおいしさ」が手軽に楽しめる「たんちょす」は、「このまちの食の魅力を伝えたい」という料理人の熱い思いから誕生!
レシピID : 5549492 公開日 : 19/03/12 更新日 : 19/03/19

このレシピの作者

海と山に囲まれ自然いっぱいの京丹後市は、京都府の最北端にあります。
「食」については、ブランド価値の高い“間人ガニ”や“丹後産コシヒカリ”、“地酒”などさまざまな資源にあふれています。
★地元の食材を使った簡単レシピは毎月25日頃に掲載!
(京丹後市公式ホームページ)http://www.city.kyotango.lg.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」