【健康】イワシみそ煮缶と野菜の炒め物

【健康】イワシみそ煮缶と野菜の炒め物
主菜と副菜の1日に必要な量の1/3以上が摂れ、調味料不要、フライパン1つで出来る 栄養コスパ満点!時短レシピ

材料 (1人分)

イワシみそ煮缶
小1缶(100g)
なす
1本(70g)
赤パプリカ
1/2個(60g)
ピーマン
1/2個(10g)
小さじ1/2

作り方

1

野菜を切る。
なす、赤パプリカ、ピーマン、それぞれ一口大に切る。

2

野菜→イワシ缶の順に炒める。
フライパンに油を熱し、なすを入れ、焦げ目がついたら裏返し、ふたをして蒸し焼きにする。

3

柔らかくなったら赤パプリカ、ピーマンを加え炒める。

4

イワシみそ煮缶を缶汁ごと加え、イワシをほぐしながら炒め合わせる。イワシが温まったら、すぐ火を止める。

5

魚のn-3系脂肪酸EPA・DHAは、血中脂質のバランスを整え動脈硬化を防ぎ、生活習慣病予防に効果があるといわれています。

コツ・ポイント

缶詰なので面倒な下ごしらえが不要、酸化されやすいEPA・DHAも効率良くとれ、魚骨も柔らかくビタミンDも含まれていて、骨を丈夫にしたい方にもおすすめです。
エネルギー266kcal,n-3系脂肪酸3.3g、カルシウム390㎎、鉄2.8㎎

このレシピの生い立ち

健康づくりを応援する「健康づくり人材バンク」の管理栄養士が考案した、生活習慣病予防レシピです。
レシピ提供:公益財団法人武蔵野健康づくり事業団 健康づくり支援センター
レシピID : 5704364 公開日 : 19/06/19 更新日 : 19/06/19

このレシピの作者

武蔵野市の公式キッチンです。武蔵野市のこだわり給食のレシピや離乳食講座レシピ、市内産新鮮野菜の直売所紹介など、武蔵野市が行っている「安心」「安全」な食の実践を広く伝えていきます。食に関するイベント情報なども紹介します。
http://www.city.musashino.lg.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」