カボチャ餡のどら焼き

カボチャ餡のどら焼き

Description

【広報とよた2019年8月号掲載】自然豊かな豊田市で育った農産物のおいしい食べ方を紹介します。

材料 (20個分)

カボチャ
8分の1個
2個
★白あん
340g
☆バター(無塩)
8.5g
☆水
85g
A卵(Mサイズ)
4個
B上白糖
175g
B和三盆糖
25g
C小麦粉(ふるっておく)
190g
Cベーキングパウダー
1g
D水
120g
2g
Eハチミツ、みりん
各15g
E生クリーム
25g

作り方

1

【カボチャ餡】
カボチャの種を取り皮をむいてラップに包み、電子レンジ(500wで6~8分)にかけて裏ごしする

2

行程1にグラニュー糖を加えて混ぜ、★を加えて混ぜ、最後に☆を加えて混ぜたら、火にかけて水分を飛ばす

3

ツノが立つようになったら、別の容器に移して冷ます

4

【生地】
ボウルにAを割り入れ、Bを加えてよく混ぜる

5

行程4にCを加えて適度に混ぜ、冷蔵庫で20分寝かせる

6

Dに重曹を加えてよく溶かし、行程5に加える。Eも加えて優しく混ぜ、裏ごしする

7

【どら焼き】
180度のホットプレートに行程6を楕円形に流し入れ、気泡が出たらひっくり返して20~30秒焼く

8

行程3を30gに取り分け、丸める

9

行程8を行程7で包んだら完成!

コツ・ポイント

市内では豊田・猿投地区を中心に、主に「味平かぼちゃ」という品種のほか、様々な品種が生産されています。市内産のカボチャは、産直施設などで購入できます。

このレシピの生い立ち

地産地食応援店「菓舗 近江屋」の野場さんに、とよたのカボチャを使ったスイーツのレシピを教わりました。
レシピID : 5775055 公開日 : 19/08/14 更新日 : 19/08/14

このレシピの作者

豊田市では「地産地食」を推進し、食育に取り組んでいます。ここでは、豊田市の食材を使ったレシピを掲載しています。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」