カリフラワーとベーコンのレンチン!炒め

カリフラワーとベーコンのレンチン!炒め

Description

調理はキッチンバサミと耐熱容器のみでOK!!おろし生にんにくとペパー、塩で簡単手軽に味付け♪調理はレンチン!で即席簡単★

材料 (2人分)

カリフラワー
1/3~1/2株ほど
ベーコン (厚切りのもの)
1枚
小さじ1/2~1ほど
適量
こしょう
適量
 
※ハウス食品さんのハウスおろし生にんにくの量はお好みで加減、調整して下さい。
※電子レンジでの加熱時間もあくまで目安です。様子をみながら加減調整して下さい。
※加熱調理後はとても容器が熱くなっているので注意して下さい。またラップを外す際は、熱い水蒸気が勢いよくでる場合があるのでヤケドなどに注意して下さい。
※ベーコンのみを加熱調理する際、ベーコンの種類によって、電子レンジの性能によって、ベーコンと脂がポンポン弾ける可能性があります。場合によってやベーコンが電子レンジに飛び出てしまう場合があるので、容器を深めで大き目のものを使用されたり、もしくは耐熱の許容温度が高いラップをして加熱調理して下さい。野菜などと異なり、ベーコンの脂は熱くなるので、耐熱許容温度が低いラップだと溶けてしまう場合があります。
※ベーコンに焼き色を付ける際、あまり長い時間加熱調理しすぎてしまうと焦げてしまう場合があります。少し焼き色がついた方が香ばしい風味が加わりますが、加減が難しい場合、無理に焼き色をつけなくても美味しくいただけます。また水気が抜けすぎて硬くなりすぎてしまう場合もあります。ベーコンの様子をみながら加熱時間は加減して下さい。
※カリフラワーは加熱調理しすぎても柔らかくなりすぎてしまう場合があります。カリフラワーの硬さ、柔らかさはお好みで加減して下さい。
※より手軽に、簡単に調理するため、キッチンバサミのみでカリフラワー、ベーコンを切りそろえ、盛り付け用の耐熱容器で加熱調理していますが、お好みで包丁やまな板を使われたり、調理用の耐熱容器を使って調理して盛り付け用のお皿に盛ったりして下さい。

作り方

1

キッチンバサミでカリフラワーは小房にわけ、小房の大きさに応じて縦2等分、4等分などにして食べやすい大きさにする。

2

ベーコンは3~5mm幅に切りそろえる。

3

盛り付け皿で電子レンジ対応の耐熱容器にオリーブオイルをひいてベーコンを入れる。

4

ラップをしないで600Wの電子レンジで軽く表面に焼き色がつくまで約1分ほど加熱調理する。

5

カリフラワーも入れてラップをして、カリフラワーが柔らかくなるまで電子レンジでさらに約1分30秒~2分加熱調理する。

6

ラップを外して熱いうちにすぐに、おろし生にんにくを入れてよく混ぜ合わせ、塩、こしょうで味を調えて仕上げる。

コツ・ポイント

ブログでの「カリフラワーとベーコンのレンチン!炒め」の作り方~!
→http://nobunobu2019.livedoor.blog/archives/4500633.html

※レシピのタイトルや作り方は、一部変更しています~♪

このレシピの生い立ち

今回のスパイス大使活動のテーマが「ねりスパイス大活躍!にんにく&しょうがたっぷりレシピ」でハウス食品さんの「ハウス おろし生にんにく」をモニターで使用★にんにくを切ったりすりおろしたりする手間なく料理が作れて、大容量タイプはたっぷりで便利♪
レシピID : 5925859 公開日 : 19/11/25 更新日 : 19/11/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」