愛知の魚100 高級品のコノワタの作り方

愛知の魚100 高級品のコノワタの作り方

Description

 高級品のコノワタ(ナマコの内臓の塩漬け)が意外と簡単にできました!ちなみに三河のコノワタは日本三大珍味の1つですよ。

材料

ナマコ
4尾
小さじ1(好みで調節)

作り方

1

写真

モジャモジャした方がナマコの口です。口を1~2cm切り落します。

2

写真

胴体を握って内臓を押し出します。

3

写真

内臓をつかみ、胴体からゆっくり引き抜きます。内臓の末端が胴体についている状態で次の作業を行います。

4

写真

内臓に砂が入っていますので、口から肛門側に砂を押し出すよう腸をしごきます。砂が肛門側に抜けてきたら、腸を手でちぎります。

5

写真

上手に砂が抜けるとこんな感じになります。

6

写真

砂が混じってしまった場合は、内臓をザルにあげ、3%の海水(水1リットルに塩を大さじ2)で内臓を洗います。

7

写真

内臓をボールに入れ、食べやすい大きさにハサミで切ります。

8

写真

内臓をザルにあげ、水気を切ります。その後、塩を適量加えて味付けします。

9

写真

冷蔵庫で一晩寝かせれば出来上がりです。

コツ・ポイント

内臓に残っている砂をしごきだす場合は、必ず肛門の方向にして下さい。口側にある砂は切って捨てます。磯臭さが気になる方は内臓を日本酒で洗って下さい。3日ぐらい寝かせると塩のトゲが取れて味に深みがでます。3日寝かせる場合は塩を強めにして下さい。

このレシピの生い立ち

砂出しが面倒だったので、コノワタを作りませんでしたが、漁師さんから砂出しのコツを教えてもらいました。ちなみに内臓のモジャモジャは生殖巣です。腸と同様に食べられます。
レシピID : 5993883 公開日 : 20/01/18 更新日 : 20/02/23

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」