鯵の塩焼き 下拵え《覚書》

このレシピには写真がありません

Description

美味しそうな鯵を見つけて、下処理からしてみた塩焼きの工程☆
煮魚の下処理も、1〜6の工程で簡単に出来そう!

材料 (2尾分)

2尾
適量

作り方

1

鱗は、包丁の刃先を尾から頭へ動かし取る。ぜいごは、尾の付け根に包丁を寝かし上下に動かし削ぎ取る。両面に同じ処理をし洗う。

2

右側の腹下に切れ目を入れる。
腹を向こう側にし、胸ビレの上部に長さ5cm程 開腹して行く。

3

えら蓋の中に指を入れ、赤いひだ状に成ったえらを引出し取り除く。両面に同じ処理をする。

4

2で開いた切れ目へ指を入れ、ワタをつまみゆっくりと引き出す。腹の中に残った内臓を手で掻き出しながら流水で洗い流す。

5

腹の中と魚全体の水分を、ペーパーでしっかりと優しく拭き取り完成。

6

火の通りが、均一に成る様に身が1番厚い部分に斜めに1本か、×印の切り込みを入れる。

7

背ビレ・胸ビレ・腹ビレ・尾ビレに、それぞれひとつまみの塩を指でまぶし付ける。→ 各ヒレを焦げ難くする為。

8

魚全体の両面に、ムラなく・満遍なく塩を振り掛ける。

9

魚焼きグリルを弱めの中火にし、右腹を下に置き 6〜8分焼く。こんがりと焼き色が付いたら、裏返し4〜5分焼く。

10

焼き色が付いたら、裏返し1〜2分焼く。表面をパリッとさせる為。身の厚い部分が、焦げる事が有るので少し火を弱める。

コツ・ポイント

塩 多いかなぁ?
位で丁度良く、醤油を足さずにそのまま食べられちゃいました。

このレシピの生い立ち

いつもは、下処理済の魚を買いますが、自分で処理してみたら案外簡単に出来たので、覚書として残そうと思いました。
レシピID : 6289107 公開日 : 20/06/10 更新日 : 20/06/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」