きな粉と松の実のスープ

腎臓を癒し、また美肌にも効果があるという薬膳をアレンジしたものです。ちなみにこのレシピどうりに作ると結構たくさんのスープのもとができますが、一日1,2杯くらいのみ続けると一人で飲んでも一週間くらいでなくなります。

材料 (1人で一週間)

小麦粉
200g
きなこ
50g
70g
25g
アーモンド
25g
プルーン
50g
大匙2
砂糖
適量

1

なべに油を入れ弱火で熱します。油が温まったら、小麦粉ときな粉をいれて香ばしい香りがするまでしばらく煎ります。

2

松のみ、アーモンド、プルーンはみじん切りにして置きます。私は松の実とアーモンドは袋に入れて砕いてしまいます。

3

2の松の実、アーモンド、プルーンと1の小麦粉きな粉ミックスを混ぜます。砂糖はまだ入れません。これで、スープのもとはできあがりです。タッパーなどに入れて冷蔵庫で保管しましょう。

4

飲むときは、お椀かマグカップに、3のスープのもとを大匙3ほどと、砂糖を小匙2、3杯入れて混ぜます。そこに熱湯を入れてよく溶かして飲んでください。

5

ちなみに、4で溶かすとき必ずだまになります。根気よく溶かそうとしてみてどうしても塊の部分はあきらめましょう。見た目はあまり良くないスープですが、とろとろとしていて甘いので、見た目ほど抵抗のある味ではないですよ。

コツ・ポイント

味付けは砂糖でなく塩でもいいそうです。余談ですが、私はこのスープを毎日飲むようになってから、ずうっと悩んでいた便秘が解消しました。ので、同じような悩みを持つ方の役に立てばいいな、と思っています。

このレシピの生い立ち

薬膳のレシピを探していて見つけたものに、かってにプルーンをつけ足したり分量を変えたりしたものです。この他にももっといろいろな種類のナッツをいれてみても良さそうですよね。
レシピID : 81143 公開日 : 03/02/25 更新日 : 03/02/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」