「ささがきにする」とは

野菜(主にごぼう)の切り方のひとつで、材料を笹の葉のように薄く、細長く切ること。野菜を回しながら、包丁で削るように薄く切っていきます。

きんぴら、てんぷら、鍋物などにむいた切り方です。

ごぼうをささがきにする

縦に切り込みを入れたら、ごぼうを回しながら包丁の刃先で鉛筆を削るように薄くそぎ切りします。

D9ae8f3579f7602639c251426ae3b6ce?p=1476151023 左:縦に切り込みを入れる 右:包丁の刃先を斜めに入れて薄く削るようにする