基本のパン生地✿菓子パン&惣菜パン✿

基本のパン生地✿菓子パン&惣菜パン✿
❤100人話題入り感謝❤とても扱い易い万能生地です♪フープロ・手捏ね・スタンドミキサーの3通りでご紹介★

材料

✿菓子パン生地✿
240g(80%)
薄力粉
60g(20%)
砂糖(三温糖)
30g(10%)
バター(無塩)
30g(10%)
塩(天然塩)
4g(1.3%)
ドライイースト(サフ)
4g(1.3%)
40g(13%)
牛乳(半分は水でもOK)
150ml(国産粉)~165ml(外国産粉)(50~55%)
※牛乳をスキムミルクで代用する場合※
10~12g(3~4%)+150(国産粉)~165ml(外国産粉)(50~55%)
 
✿惣菜パン生地✿
240g(80%)
薄力粉
60g(20%)
砂糖(三温糖)
15g(5%)
バター(無塩)
15g(5%)
塩(天然塩)
5g(1.6%)
ドライイースト(サフ)
4g(1.3%)
40g(13%)
牛乳(半分は水でもOK)
150ml(国産粉)~165ml(外国産粉)(50~55%)
※牛乳をスキムミルクで代用する場合※
スキムミルク+水
10~12g(3~4%)+150(国産粉)~165ml(外国産粉)(50~55%)

1

★フードプロセッサーで作る場合★

水分量は100ml(国産粉)~120ml(外国産粉)(33~40%)に変更。

2

粉類・牛乳・卵・バターは冷蔵庫で冷やしたまま使用(フープロは混ぜる時熱くなる為)。季節・気温により材料の温度を調整。

3

写真

キッチンスケールにボールを乗せて目盛を0に合わせる。強・薄力粉・砂糖・塩・(スキムミルク)を加え、合わせて計量する。

4

写真

卵・牛乳(水)を合わせて良く混ぜておく。

5

写真

ドライイーストを人肌(37度)に温めたぬるま湯30ml(水分量とは別途)で溶かす。
イーストの為に40度以上にしない。

6

写真

フードボールに3の粉類を入れて、その上に万遍無く5のドライイーストを注ぎ入れる。

7

写真

ボールカバーをセットしたら4~5回パルスして、粉を軽く混ぜる。

8

写真

連続運転させながら、投入口から4の水分を少しずつ注ぎ入れる。
一度に入れないで30秒ぐらいかけてゆっくりと入れる。

9

写真

1分ぐらい経ち、ひと塊になってきた状態でストップ!
蓋を開けて、生地を伸ばすとこのぐらい伸びる。

10

写真

生地の上下を返す。
バターを、生地の中に押し込むように所々に混ぜ込む。

11

写真

ボールカバーを閉じて、再び1分連続運転させる。
こんな感じにまとまったらOK。

12

写真

生地を取り出し、伸ばしてみると、弾力があって伸びがあり、薄くて切れにくい膜が出来ている。

13

写真

ボールに薄くバターを塗り生地を入れる。表面が滑らかで艶々した生地。
捏ね上がり温度は26度でOK!
霧吹きする。

14

写真

オーブンの発酵機能35度で40~50分、2倍になるまで一次発酵。
又は乾燥を防いで、室温で2倍になるまで一次発酵。

15

写真

発酵後の状態。
一次発酵でオーブンの発酵機能を使う場合には、乾燥を防ぐ為、庫内にもたっぷりと霧吹きをして水分を補う。

16

写真

生地の中央に軽く粉をつけた指を入れて、しっかりと指の跡が残ったら発酵完了!
穴を塞ぐように戻ってきたらもう少し待つ。

17

★手捏ねで生地を作る場合★

水分量は160ml(国産粉)~175ml(外国産粉)(53~58%)に変更。

18

写真

キッチンスケールにボールを乗せて目盛を0に合わせる。強・薄力粉・砂糖・塩・ドライイーストを加え、合わせて計量する。

19

写真

卵・牛乳(水)を合わせて良く混ぜておく。

20

写真

手で粉を混ぜ合わせる。
19を入れて、手で混ぜ合わせる。混ぜている内に、次第に粉気が無くなり、生地がまとまってくる。

21

写真

このぐらいにまとまったらOK!
台の上に取り出す。

22

写真

掌で生地を台にこすりつけるようにして広げる。

23

写真

まとめる。
もしも台の上や手に生地がくっついたら、カードでかき集めてまとめる。
22と23を繰り返す。

24

写真

少しまとまってきたら、次は片方の手で生地を押さえて、もう一方の手で生地を上に伸ばす。

25

写真

まとめる。
24と25を繰り返す。
生地が台にくっつかなくなってきたらOK!

26

写真

生地を伸ばすと、まだ少し厚みがあって表面に小さな気泡がある。
この状態になったらバターを入れる。

27

写真

生地を広げて、バターを手で潰して生地全体に広げる。

28

写真

生地を半分に折り畳んでバターを包み込んだら、生地を引きちぎりながらバターを混ぜ込む。

29

写真

片方の手で生地を押さえて、もう一方の手で生地を上に伸ばす。

30

写真

今度は生地を持ち上げて、台に叩きつける。

31

写真

まとめる。
29~31を繰り返す。
生地が台にくっつかなくなってきたらOK!

32

写真

向こう側から軽く引っ張ってから、こちら側へ返す。逆でもOK。

33

写真

生地の向きを90度変える。

34

写真

再び生地を持ち上げて台に叩きつける。
32~34を生地の表面が滑らかになるまで繰り返す。

35

写真

このぐらい生地が滑らかになったらOK。

36

写真

生地も滑らかで表面に艶が出てきたら捏ね上がり★
捏ね過ぎると生地の表面が割れてきて、ぼそぼそしてくるので注意する。

37

写真

最後に、掌でぎゅぎゅっと押しながら、生地に艶が出るまで捏ねる。

38

写真

生地を伸ばして、バターを入れる前よりも、指先が見えるぐらいまで薄く伸びるようになっていたらOK!

39

写真

生地をまとめて、表面が張るようにする。

40

写真

ボールに薄くバターを塗り生地を入れる。
表面が滑らかで艶々した生地。
捏ね上がり温度は27度でOK!

41

写真

表面に霧吹きする。
オーブンの発酵機能35度で40~50分、又は室温で乾燥を防いで2倍になるまで一次発酵させる。

42

写真

生地の中央に軽く粉をつけた指を入れて、しっかりと指の跡が残ったら発酵完了!
穴を塞ぐように戻ってきたらもう少し待つ。

43

写真

発酵後の状態。
一次発酵でオーブンの発酵機能を使う場合には、乾燥を防ぐ為、庫内にたっぷりと霧吹きをして水分を補う。

44

写真

スタンドミキサーはメランジュール・ロボを使用。
ボールに粉類・砂糖・塩・ドライイーストを入れて、計量する。

45

★ミキサーで生地を作る場合★

水分量はそのままでOK。

46

写真

ニーダーを取り付け、2速で1分間混ぜる。

47

写真

そのまま2速で混ぜながら、牛乳/水・卵を合わせた液体を1分間かけて少しずつ注ぐ。

48

写真

液体を入れ終わった時は、粉類が大方馴染んでこのような状態。

49

写真

4速に変更して、8分間混ぜる。
混ぜた後はこのような状態で、ニーダーに生地が巻きついている。

50

写真

ニーダーを持ち上げると、そのまま生地が伸びてくっついてくる。

51

写真

バターを入れる。
混ざり易くなるので、予めバターは室温に戻しておくと良い。

52

写真

6速に変更して、5分間混ぜる。
混ぜた後はこのような状態。
艶やかな生地がニーダーにしっかりと巻きついている。

53

写真

ニーダーを持ち上げると、非常に伸びが良くて柔らかな生地がくっついてくる。

54

写真

生地を伸ばしてみると、弾力があって切れにくい、薄い膜が出来ている。

55

写真

生地をまとめて、表面が張るようにする。

56

写真

表面に霧吹きする。
オーブンの発酵機能35度で40~50分、又は室温で乾燥を防いで2倍になるまで一次発酵させる。

57

写真

室温で発酵させる時、ボールをシャワーキャップで覆うと、乾燥を防ぐだけでなく、途中の生地の状態も確認出来てとても便利。

58

写真

生地の中央に軽く粉をつけた指を入れて、しっかりと指の跡が残ったら発酵完了!
穴を塞ぐように戻ってきたらもう少し待つ。

59

写真

★話題入り感謝★
2014.5.15話題入りしました。作って下さり、つくれぽ届けて下さった方々、ありがとうございました❤

コツ・ポイント

水分量は一般的な粉の水分吸収率の違いから、国産粉は少なめ、外国産粉は多めで調整しています。

材料の温度調整の参考迄、フープロが回転する機械熱で上昇する温度は約8度。

このレシピの生い立ち

美味しいパンの為に試行錯誤を重ねた結果です。
この生地を活用して様々な菓子パン・惣菜パンが作れます。

パン焼きは材料・環境・季節に左右されます。
水分量・発酵時間等は、その時々の状況に合わせて微調整して下さいね。
レシピID : 2244898 公開日 : 13/06/04 更新日 : 17/11/16

このレシピの作者

❤フォロー&つくれぽ下さる方々に感謝❤ 簡単でシンプルな家庭料理をご紹介。 より一層美味しく、作り易くする為に、途中で手直ししたり、 作らなくなったレシピは整理もしますのでご了承下さい。 気軽につくれぽ送って下さいね、レシピ作りの励み・参考になります♪ COOKPAD 第2期レシピエール パンマイスター ※サイト内のレシピ・写真等全てを商用目的での無断使用・転載は固くお断りします※

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

120 (103人)

17/11/17

写真

菓子パンと惣菜パンの両方作りました!息子と母にも大好評でした♡

_しい_

大量に美味しそうなパンが焼けましたね★作って下さり感謝♡

17/11/15

写真

HBを使わずに手捏ねで~1つ1つの工程を丁寧で感謝

かぷち~

手捏ね完璧ですね!凄く美味しそう♪喜んで頂け嬉しいです★感謝

17/11/09

写真

半量で! パン作り4回目で、すごくうまく出来ました♡ リピ決定!

ネイノーちゃん

お上手ですね★こんなにこんがり綺麗に焼けるなんて素晴らしい♡

17/11/07

写真

手捏ねでカスタードクリームパンです!ふわふわおいしい~

Mieru*

めちゃめちゃ美味しそう♪思わず手が伸びます(笑)ありがとう♡

1 2 3 4 5
くぁーかみ 2015年09月06日 01:31
手ごねの時、水も入れますか?
一回作ったんですけど、どうだったか忘れてしまいました笑
アトリエ沙羅 2015年09月06日 06:30
くぁーかみ様

手捏ねの場合、イーストを直接混ぜるので、その分の水をどうするかという事ですね?
はい。入れます!

牛乳と水を合わせた水分量が変わらなければ、
その範囲の中で牛乳と水の比率はお好みで大丈夫です。

パンが作りやすい季節になってきたので、
美味しく焼けますように♪
くぁーかみ 2015年09月06日 17:30
当たり前のことを聞いてしまって、すみません(´;ω;`)
丁寧にしかもこんなに早く教えてくださり、本当にありがとうございます!
とても助かりました^^
アトリエ沙羅 2015年09月07日 09:46
くぁーかみ様

こちらこそ、早速作って下さり、Wつくれぽ感謝感激です!
これからもレシピご愛顧下さいね❤
Profile ミユリエ 2016年10月19日 23:43
こんばんは!

卵の分量は卵を割って混ぜた後にはかったらよいのでしょうか?お忙しいと思いますが教えて頂けたら助かります(ღ˘⌣˘ღ)
アトリエ沙羅 2016年10月20日 06:32
ミユリエ様

卵は溶き卵にしてから計量して下さいね。
余った溶き卵は、1対1で水と混ぜて、艶出しのドリュールにすると無駄なくつかえますよ。

美味しいパンが焼けますように(*^^*)
Profile ミユリエ 2016年10月20日 13:47
こんにちは!
お忙しい中、返信ありがとうございます♥♥
早速作ってみます!