パンの保存は冷凍で&その絶品解凍方法

パンの保存は冷凍で&その絶品解凍方法
H29.4.11話題入り。パン大好きな私が、いかにおいしくパンを食べようか、研究を重ねて確立したパンの保存と温め方です。

材料

冷凍保存
ビニール袋かラップ
適量
解凍
冷凍パン
お好きなだけ
少量
アルミホイル
適量

1

パンを購入したら、パンをビニール袋またはラップで包み、水分が蒸発しない状態で、冷凍保存します。

2

フランスパンなど、1度に食べきれない場合は、1度に食べきれる分量に切ってから冷凍します。

3

■切っていない冷凍パンの場合■
今回はミニサイズのバケットを使います。約120g。

4

ラップをしたまま、600wで30秒程度レンジで温めます。パンの一部分が少し温かくなるまで、温めを加減してください。

5

パンに少しだけ水をふりかけます。手を水で濡らし、パンの上で手をパッパと動かして水滴を落とします。

6

写真

パンをアルミ箔できっちりつつみ、オーブンに入れます。このとき、オーブンは予熱なしの状態です。

7

ここで初めてオーブンを操作します。余熱で220度まで温度を上げます。余熱中にパンを温めます。

8

オーブンが220度になったら、アルミホイルを外し、220度の高温で2分焼き、余分な水分を飛ばします。

9

■切ってある冷凍パンの場合■
3の手順のときに、パンの切り口にも水をかけます。

10

スライスしてある冷凍パンの場合も7と同様です。焼き立て同然にはしにくいですが、水をかけるだけでしっとり感は増します。

コツ・ポイント

焼き立てパンの特徴は、中しっとり、外パリッと。焼き立て同然にするコツは、そのパンの状態を目指すことです。
2日以上のパンの常温保存は味が落ちるのでお勧めしません。冷凍していないパンの場合は、レンジのあたため時間を減らしてください。

このレシピの生い立ち

パンが大好きで、よくパンを買いに遠征しています。たくさん買い込んだパンを長く楽しむために冷凍して保存しています。おいしくパンを食べる方法を考え抜いた結果、今の方法にたどり着きました。焼き立て同然の仕上がりにみんな絶賛してくれます。
レシピID : 2466081 公開日 : 14/01/18 更新日 : 17/04/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

14 (14人)

17/08/18

写真

素晴らしいです!

KOH9635

喜んでもらえて幸せ!手作りパンもいつでも美味しくめしあがれ~

17/07/05

写真

冷凍してたと思えないくらい美味しかったです♡有難う♡ごちそう様♡

♡まみまみ♡♡〃

でしょでしょ!?おいしいパン屋さんに遠征しても怖くない!笑

17/05/22

写真

小さめにして個別に冷凍。本当にそうですね。アイデア感謝です。

♡りりたん♡

食べ物はいつでもおいしく食べたい私の精神の極みです笑れぽ感謝

17/04/14

写真

これはすごい!朝から幸せになりました♪ありがとうございます!

テルの嫁

コメント嬉しすぎ♡パンのテイクアウトが大好きになりますよ〜

なかむらゆかこ 2015年02月12日 21:53
はじめまして。フランスパンでこの方法をためし、感動してコメントしております!
素敵な研究結果の公開、ありがとうございます(^^)

質問なのですが、柔らかいパンの場合はどのように解凍されていますか?
*実月* 2015年02月13日 09:44
お試し&コメントありがとうございます!
時間はかかりますが、あっためるとパンは一層おいしくなりますよね^^

「やわらかいパン」ということで、バターロール(スーパーで売っているもの)を想定しています。

あたため工程は二段階に分かれています。
(A)工程4~7=パンを乾燥させずに、中心部まで温める
(B)工程8=パンの表面の水分を飛ばして、表面の食感を調節する

柔らかいパンでもやり方は同じです。
(続く)
*実月* 2015年02月13日 09:44
(続き)
考慮すべきは、食感の好みですね~
食パンをトーストするときをイメージしてもらえばわかりやすいと思います。
①たくさん焼けばこんがりきつね色&外側はサクサク、中はもっちり(食パンが厚いなら)、表面をつつくと固い感じ。
②焼き時間が短いと、色は白く、全体にもっちり感が残っていて、表面をつついても音はしない感じ。

私はトーストについては①派なので(しかも厚切りトーストが好き!)、(B)の工程をレシピ通り2分で焼き上げます。そのほうが、表面がパリッとしておいしいと感じます。また、パンを切り分けるときに、包丁の力でパンの表面がつぶれなくて作業しやすいです。

トーストについて②派でしたら、(B)の工程を省くか、(B)の工程の焼き時間を短くするといいですよ!パンの種類や、表面に振り掛けた水の分量で、焼き時間は変わってしまうので、様子を見ながら焼き時間を調整してくださいね。

ゆかこさんのパンライフがもっと素敵なものになりますように!