チキンのバスク風(鶏もも肉の煮込み)

チキンのバスク風(鶏もも肉の煮込み)

Description

フランスのバスク地方の料理を簡単にできるようアレンジしてみました。一味とうがらしを加えるとさらに大人の味に!

材料 (4人前)

鶏もも肉
2枚
ピーマン
4つ
トマト
1つ
ベーコン
4枚
玉ねぎ
半玉
1片
1束
100cc
フォンドボー(固形)
1つ
塩、こしょう
少々
バター
10g
大さじ3

作り方

1

写真

材料です。ピーマンと玉ねぎを千切りにし、にんにくとパセリはみじん切りにします。トマトは皮を湯向きして細かく切ります。

2

写真

ベーコンは、1cm幅で千切りにしておきます。パセリの茎は使うのでとっておきます。フォンドボーはお湯で溶かしておきます。

3

写真

もも肉に塩、こしょうして2等分しておきます。

4

写真

もも肉をバターとオリーブ油で、皮めから表面に色がつく程度で軽く炒めます。

5

写真

炒め終わったら、別の容器に移しておきます。

6

写真

同じ鍋でニンニクと玉ねぎを炒めます。

7

写真

玉ねぎに火が通ったら、ピーマンとトマトを順番に加えて、クタクタになるまで炒めます。

8

写真

5のもも肉を鍋に戻して、白ワインを加え、白ワインを沸騰させて酸味をとばします。

9

写真

フォンドボーとベーコン、ローリエ、パセリの茎を加え、フタをして弱火で20分煮込みます。

10

写真

もも肉を別の容器に移し、ローリエとパセリの茎を捨てて、ソースを煮込み水分を飛ばします。

11

写真

水分が3分の1程度になったら、もも肉を鍋に戻して暖め直します。お皿に盛ってパセリを上からふって完成です。

12

辛いのが大丈夫な人はさらに一味とうがらしをふるとよりパンチの効いた味になります。

コツ・ポイント

鶏肉に塩、こしょうをしっかり効かせます。皮めには塩、こしょうしなくても大丈夫です。塩、こしょうしたら軽く肉をもんで、味が肉全体にしみ込むようにしておきます。
白ワインを入れたら強火にして沸騰させ、酸味が飛んだら弱火に戻します。

このレシピの生い立ち

お金に余裕があったらベーコンではなく、生ハムを使うとさらに本格的になります。
我が家では、子供には一味とうがらし無し、大人は一味とうがらし有りで食べてます。
レシピID : 2651537 公開日 : 14/06/01 更新日 : 14/06/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

18/09/11

写真

ふっくらチキンに味が良く出たスープ。美味しかったです。

クックGFY8CA☆

ありがとうございます!

17/06/03

First tsukurepo mark
写真

手軽で美味しいので何度もリピートしています。パーティにも大好評。

クック8HF3LB☆