ねぎま鍋

ねぎま鍋
冬の東京料理のねぎま鍋。 熱々はもちろん夏に冷めた状態で食べてもなかなか美味しいんです。 だしの美味しいこのお鍋。 冬は熱々を、夏は冷めたものを、最後はご飯にお汁をかけて、豪快にかき込んで下さい。 (*^^*)

材料 (写真の分量)

まぐろ(刺身の残りやアラでOK)
適量
長ねぎ
1本
白菜
1/4個分
大さじ 1
しょうゆ
大さじ 1
かつお出汁
3カップほど

1

写真

まず土鍋にだし汁と酒・しょうゆを沸かします。

2

写真

そこに斜め薄切りにした長ねぎの約半分を入れます。

3

写真

続いて白菜の白い部分を底が見えなくなる程度入れます。

4

写真

そこに重ならないようマグロを並べます。 今回は刺身の残り物を使っていますが、血合やアラの部分で充分美味しいです。 スジの部分の方が、トロトロになりますよ~。

5

写真

それを1~2回繰り返し、最後に葉の柔らかい部分でフタをするような感じにします。

6

写真

フタをして、弱火で10分ほど煮て出来上がり。 基本はコレだけですが、 きのこや豆腐など具だくさんにして、本格的な鍋にしてももちろん美味しいです。

7

写真

冬はグツグツ煮ながら、 夏はこんな風に汁物代わりに取り分けて。 水菜やエノキが入っても美味しいです。

8

写真

具だくさんバージョン。エノキと木綿豆腐を追加。お豆腐とこのお出汁がよく合うんです。(*^^*)

コツ・ポイント

マグロからびっくりするほど美味しい出汁が出るので、くれぐれもベースの煮汁は薄味にしてください。汁は飲み干せるくらいの濃さがちょうどです。

このレシピの生い立ち

父方の祖父母の家の定番メニューでした。 東京の鍋物だと知ったのは、大人になってからです。
レシピID : 269399 公開日 : 06/07/25 更新日 : 12/02/19

このレシピの作者

カイサと申します。「娘に伝えたい我が家の味」中心のレシピを載せています。(女子農高生弁当は2015年5月よりお弁当アプリに移行。)
レシピではちょっぴり塩分控えめの、キミセ醬油のまろやかを愛用。

甘党の夫は神戸に単身赴任、長女は独立して北海道へ、大学生の次女は山梨で一人暮らし、私はハムスターと共に横浜の離散家族。^^;

趣味は、 映画・海外ドラマ鑑賞、手芸など。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

21 (19人)

16/01/24

写真

今年も美味しかったです☆やっぱりお出汁最高*\(^o^)/*♪

いちあさみっきー

リピありがとうございます。(^_^)

15/10/13

写真

セリが安かったので入れました!簡単なのにお汁まで飲み干す旨さー♪

まんまーるさん

ありがとうございます。この鍋で一番美味しいのは汁かも?!^^

15/04/19

写真

以前食べたねぎま鍋が急に食べたくなって初チャレ♪美味しかったぁ♡

ぱまと

ありがとうございます。さっぱりしていて美味しい鍋ですよね♪

15/03/02

写真

豆腐とマグロが同じに見える^^;マグロ柔らかくとっても美味しい❤

leafmama

ありがとうございます。マグロ出汁のしみた豆腐、美味しそう♪

1 2 3 4 5
Profile めさくま 2011年02月12日 19:57
おいしかったのでブログで紹介させていただきました。ありがとうございました。我が家は小さな子がいるので、豆腐やえのきをいれて鍋っぽくしました。