シャキシャキ!牛肉とゴボウのおにぎらず

シャキシャキ!牛肉とゴボウのおにぎらず

Description

食物繊維が多く、デトックス効果もある「ゴボウ」。牛肉のジューシーさとゴボウのシャキシャキ感が、ご飯とよく合います。

材料 (4個分(写真は2個))

ごぼう
1本
人参(中)
1本
牛肉
100グラム
砂糖
大さじ2
醤油(濃口)
大さじ2
大さじ1
お好みで
ニラ
5本
2個
少々
ご飯
1合
巻き寿司用のり
2枚

作り方

1

写真

①ニラ入りの玉子焼きを薄めに作ります(調味料はお好みで)。②できたら皿に置き冷まします。③冷めたら、4つに切り分けます。

2

写真

①ごぼうと人参の皮を剥き、細切りにします。②切ったごぼうは水につけて、あくを抜いておきます。

3

写真

①フライパンに水50cc、酒を入れ中火で熱します。②沸騰したらゴボウを入れます。③2分程度煮たら、人参を入れます。

4

写真

①一旦、ごぼうと人参を皿に出しておき、牛肉を炒めます。②牛肉が焼けたら、ごぼうと人参を入れます。

5

写真

①ごぼうと人参がしんなりしたら、砂糖、醤油で味付けします。②辛みが欲しい場合は、お好みで鷹の爪を少々。

6

写真

①ラップの上にのりをしく②のりに塩を少々パラパラ③その上にご飯→ニラ玉→ごぼう・人参・牛肉→ニラ玉→ご飯の順に乗せる。

7

写真

①のりの角を追って、具材を包み、そのままラップで包みます。②置いておくと湯気でのりがくっつきます。

8

写真

①真ん中を包丁で切ったら、できあがりです。

コツ・ポイント

みりんを入れてもおいしいですが、ごぼうが柔らかくなるので、多少シャキシャキ感はなくなります。お好みで。ごぼう・人参を煮て、そのまま牛肉を入れてもいいですが、できれば牛肉は炒めた方が、美味しく仕上がります。

このレシピの生い立ち

小林市らしい「おにぎらず」をテーマに、子育て奮闘中のママさんたちに考案していただきました。小林市は、全国でも有名なごぼうの産地。そして「日本一の宮崎牛」をつくりあげる畜産のまち。まさに小林がぎゅっとつまった小林版おにぎらずです。
レシピID : 3226552 公開日 : 15/06/10 更新日 : 15/07/13

このレシピの作者

まちをあげて「健康」に取り組む宮崎県小林市が贈るヘルシー料理レシピ集。具材は「水と食の宝庫」と言われる小林の多彩でおいしい農畜産物たち。南九州独特の食文化も取り入れたレシピも公開します。(協力:小林市食生活推進員の皆さん、小林市地域おこし協力隊、市民の皆さん)。「移住促進PRムービー "ンダモシタン小林" 」もぜひご覧ください→http://cms.city.kobayashi.lg.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」