残り物であったかスープ・ア・ラ・シノワ

残り物であったかスープ・ア・ラ・シノワ
皿うどんの素を使うのがポイント。野菜たっぷりでヘルシー。おなかいっぱいになって、温まる上に低カロリーなのが嬉しいです。他にも冷蔵庫の残り野菜を入れてください。

材料 (2人分)

白菜
4枚
白ネギ
1本
1カップ
干しエビ
大さじ2
1個
2かけ
おろし生姜
小さじ1
大さじ1
白湯スープ又は中華スープの素
大さじ1
皿うどんスープの素
1袋

1

干しエビ、麩はそれぞれ湯につけて戻しておく。にんにくは搾り器で細かくしておく。

2

白菜は芯の部分はそぎ切り、葉の部分はざく切る。ネギは、青い方は小口切り、白い方は斜め切りにする。

3

中華鍋に大さじ2のごま油、ニンニクをいれて火にかける。香りが立ってきたら、トウバンジャン、青いほうのネギを入れ、さっと混ぜ、白菜の芯、干しエビを加え更に炒める。

4

3に残りの白菜、ネギ、生姜を加え、炒めていき、半分くらい火が通ったら、日本酒を50cc入れ、アルコールをとばしたら、水1カップ加えてスープの素も入れて混ぜる。

5

4が沸騰し、味を見て足りなければ、塩などで調え、溶き卵を回しいれ固まったら出来上がり。

6

好みで器に入れてから、すりゴマをふる。

コツ・ポイント

本当はチャンプルーを作ろうと思ったので、麩を入れているので、なくても問題なし。でも、スープを吸い込んで美味しかったです。

このレシピの生い立ち

レシピID : 33693 公開日 : 01/11/03 更新日 : 01/11/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」