野沢菜漬の炒り煮

野沢菜漬の炒り煮

Description

残った野沢菜漬を使ったおかずです。
冬の信州ならではの食べ方で、ご飯のおかずはもちろん、おつまみにも最高!

材料 (4人分)

野沢菜漬(少し味の変わった古い物)
2株
人参
1/2本
油揚げ
2枚
適量
1カップ
適量
しょう油
適量
長ネギ(あれば)
1/4本

作り方

1

野沢菜漬を1晩水に漬けて塩出しをする

2

塩出しして絞った野沢菜・人参・油揚げを2~3cmくらいの長さに切る

3

温めたフライパンに油をひき、切った材料を油で炒めてだし汁で煮る

4

人参・野沢菜が煮えたら、みりん・しょう油を加え、少し煮てから輪切りにした長ネギを加える

5

汁が少なくなったら最後に味を整えてできあがり

コツ・ポイント

葉っぱの部分だけを使う場合は、その分増やしてください。
油は多めのほうがコクがあって美味しいです。最後に長ネギを入れるとまた一味違って美味しさが増します。
野沢菜漬だけでもいいですが、入れるものはお好みでどうぞ。

このレシピの生い立ち

雪の多い信州では1~3月は葉物の野菜が少なく、冬の信州ならではの食べ方です。野沢菜漬の葉っぱの部分だけを使って作ることもあります。
好きな人は野沢菜をあえて残しておいて作りますよ。
レシピID : 3608433 公開日 : 16/01/07 更新日 : 16/01/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」