炊き込み牡蠣飯 厚岸の牡蠣弁風★

牡蠣をとりのぞいて、別の調味料で味をしみこませると、牡蠣も縮まず味のついた牡蠣飯になります。厚岸で食べた牡蠣弁が忘れられなくて覚書です。

材料

むきみ牡蠣
20個程度
3合分
昆布
10cmx10cm
シメジ
1房
ごぼう
1/2本
にんじん
5cm
★醤油
大さじ1.5
★酒
大さじ1
大さじ1
★砂糖
大さじ1
★塩
小さじ1
★しょうが
◎醤油
大さじ2
◎砂糖
大さじ1
大さじ1

1

お米を研いでざるにあけて20~30分おきます。昆布を水につけておきます。牡蠣は薄い塩水で汚れやぬめりをとります。にんじん、ごぼうは千切りにします。しめじは房をバラバラにします。

2

昆布がやや柔らかくなったら火にかけ、沸騰する直前に昆布を取り出します。沸騰してしまうと、昆布のぬめりなどがでてくるので×

3

2のだしに★の調味料をいれ煮立たせます。煮立ったら、牡蠣をいれます。牡蠣に火が通ったら、粒の小さいものを残して皿などに取り出しておきます。小さい粒はご飯用の旨みに煮汁にそのまま残します。

4

炊飯器に、1で研いだ米、野菜をいれます。
3の煮汁(小さい粒の牡蠣ごと)をいれます。
煮汁も含めて水の量を3カップの目盛になるようにし、炊きます。

5

◎の調味料をなべで煮立てて火を止め、とりのぞいて置いた牡蠣を入れて味をしみこませておきます。

6

4で炊き上がったご飯をさっくり混ぜ、5のあじをしみこませておいた牡蠣を上にのせて10分ほど蒸らします。
できあがり。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

牡蠣をとりのぞいて、別の調味料で味をしみこませると、牡蠣も縮まず味のついた牡蠣飯になります。厚岸で食べた牡蠣弁が忘れられなくて覚書です。
レシピID : 380054 公開日 : 11/03/02 更新日 : 11/03/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」