フェジョアーダ【ブラジル料理】

フェジョアーダ【ブラジル料理】
 代表的なブラジル料理のひとつで、豆と肉などをコトコト煮込んだスープです。

材料 (4人分)

赤いんげん豆
75g
ベーコン(短冊切り)
20g
玉ねぎ(1cm角切り)
1/2個(100g)
じゃがいも(1cm角切り)
1個(100g)
にんじん(0.8cm角切り)
4cm(40g)
キャベツ(1×3cm切り)
2枚(68g)
炒め油
小さじ1/2(2g)
小さじ2(6g)
小さじ1/2強(3.2g)
こしょう
少々(0.12g)
400g

1

鍋に油を入れて熱し、にんにく・ベーコンを炒め、香りが出たら、玉ねぎ・にんじんを加え、油とからめるように炒める。

2

1.に水とじゃがいもを加え、沸騰したらキャベツを加えて煮る。

3

野菜がやわらかくなったら、赤いんげん豆・調味料を加えて仕上げる。

コツ・ポイント

 実際の学校給食では、スープのだしを鶏がらと野菜を使ってとります。お時間がある時はお試しください。
 水分量は目安です。足りない時は少しずつ足してください。

このレシピの生い立ち

 平成28年8月5日から8月21日、ブラジルのリオデジャネイロでオリンピック・パラリンピックが開催されます。開催国の代表的な料理を知ること。また、日本の多くの出場選手を応援する意味も含め、学校給食でブラジル料理を食べました。
レシピID : 3971715 公開日 : 16/07/25 更新日 : 16/08/01

このレシピの作者

春日部市の学校給食は、子どもたちに食の興味を持せ、給食が「生きた教材」となるような献立を作成しています。学校給食の特色や給食関連リンク「みんな大好き!おいしい給食」には、春日部市栄養士研究会の活動や食の情報ページを掲載しています。こちらもぜひご覧くださいwww.city.kasukabe.lg.jp/kosodate_kyoiku/kyouiku/kyushoku/kyuusyoku.html

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」