鶏と豆のフランス風 白ワイン煮込み

鶏と豆のフランス風 白ワイン煮込み
秋冬に食べたいお洒落な煮込み料理。
とろとろになった鶏と玉ねぎに白ワインの風味。
前もって作っておいておもてなしにも♪

材料 (3〜4人分)

鶏手羽元、または手羽先
12本
玉ねぎ
2個
水煮ひよこ豆
200g
青えんどう豆(乾燥)
50g
レンズ豆(乾燥)
50g
750ml
500ml
適量
コショウ
適量
小麦粉
適量
バター
20g
パセリ、タイムなどお好みのハーブ
適量

1

写真

鶏肉は塩コショウ、及びガーリックパウダーを振って、手で擦り込む。さらに表面に小麦粉を薄くまぶす。

2

写真

オリーブオイルを鍋に熱し、鶏肉の表面を焼き付ける。(ここで完全に火を通す必要はありません)

3

写真

玉ねぎは8等分くらいのくし切りにして、オリーブオイルで鶏肉とは別に軽く透き通るまで炒める。

4

写真

鶏肉を入れて、白ワインとローリエを追加して、アクを取りながら煮る。

5

写真

水分が半分くらいに減ったら、さらに水を足し、コンソメを入れる。

6

写真

戻す必要がない豆はそのまま、または水煮されている豆類を追加する。
※ 今回はレンズ豆、青えんどう豆、水煮のひよこ豆使用

7

ほろほろの鶏肉が好きな方はこのまま煮込んでください。煮崩れた感じが嫌な方は、一度、鶏を出して玉ねぎと豆のみで煮込みます。

8

写真

20分程度煮込み、火を止める直前にバターを入れて仕上げる。
皿に盛って、パセリやタイム、黒胡椒等を振って出来上がり。

9

※注意:作り方7で、一旦、鶏肉を取り出していた場合は、8の最後の仕上げの際には鍋に戻してください。

10

写真

キャベツ加えて、サワークリームとイタリアンパセリを添えてみました♪

コツ・ポイント

鶏肉は手羽先の方が煮崩れしやすいので、なるべく肉の形のまま残したい場合は、手羽元を使ってください。
ワインは安いものでOK!キャベツやセロリなどを入れても美味しいです。
ワイン煮込みは、火災報知器が鳴りやすいので換気扇回してくださいね♪

このレシピの生い立ち

鶏肉を煮込んだ洋風料理というと、ついついホワイトシチューになりがち。少しクリーム味に飽きたので、白ワインと水であっさり仕上げてみました。
マスタードやサワークリームを添えても美味です。
水分を多くしてスープ風にしても♪
レシピID : 4816400 公開日 : 17/12/04 更新日 : 19/01/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」