八方だし漬け野菜の茶碗蒸し

八方だし漬け野菜の茶碗蒸し
手間いらずの簡単調理

材料 (2人分)

M2個
干しシイタケ
1個
八方だしの漬け汁
200ml
八方だしに漬けた野菜
花菜
2本
にんじん
1/5本
さといも
大1/2個

1

写真

八方だしについては、こちらを確認ください。
https://cookpad.com/recipe/5025884

2

写真

八方だし浸け野菜はこちらを確認ください。https://cookpad.com/recipe/5025952

3

写真

干しシイタケを八方だし浸け野菜の漬け汁の中に入れ、冷蔵庫で一晩置いて戻す。

4

写真

八方だしに浸けた野菜、干しシイタケを取り出し、適当な大きさに切って茶碗蒸しの容器に入れる。

5

写真

卵を割ってボールに入れ、よくかき混ぜてから八方だしの漬け汁を混ぜ、ザルで一度濾したのち4の容器に流し入れる。

6

容器の蓋を閉め、電子レンジの茶碗蒸し機能を使って加熱すれば出来上がり。(蒸し器で10分間蒸してもよい)

コツ・ポイント

野菜を浸けた八方だしには、野菜の旨みが染み出していますので、簡単に深い味がでます。シイタケに含まれるうまみ成分のグアニル酸は、温度が高いと分解してしますので、冷蔵庫内の漬け汁で戻すことで、漬け汁の中に沢山の旨味を残すことができます。

このレシピの生い立ち

【旬の京野菜提供店】認定店「和味りん(新宿区)」の板長 芳賀さんから教えていただきました。まとめて作った八方だし浸け野菜の漬け汁の活用レシピです。お好みで、市販の冷凍ムキエビや、かまぼこなどを入れると、簡単に味の変化を楽しむことができます。
レシピID : 5026045 公開日 : 18/04/19 更新日 : 18/04/20

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」