大根とツナの柚子マヨ和え

大根とツナの柚子マヨ和え

Description

冬が旬の柚子は、さわやかな香りと適度な酸味が料理の味を引き立てます。(農林水産省)

材料 (2人分)

大根
80g
水菜
20g
柚子(皮)
6g
柚子(果汁)
小さじ1
ツナ(油漬け)
30g
マヨネーズ
大さじ1
少々
こしょう
少々

作り方

1

大根は皮をむいて5cm長さの千切りにする。水菜は5cm長さに切る。

2

柚子を半分に切り、皮は千切りにし、果汁は搾る。 

3

ボウルに材料をすべて入れ、和える

コツ・ポイント

余った柚子の皮や果汁は、はちみつ漬けやジャムなどに使えます。

このレシピの生い立ち

至学館大学健康科学部栄養科学科の皆さんが、東海地域の旬の食材を利用したロコモ予防の実践として開発したレシピです。http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/jikyu/kenkyu/20171127.html
レシピID : 5256321 公開日 : 19/02/05 更新日 : 19/02/05

このレシピの作者

農林水産省では、食料の安定供給、農山漁村や食品産業の振興など、多岐にわたる業務に取り組んでいます。公式キッチンでは、旬や話題の食材を使用したレシピや地方に伝わる郷土料理などを掲載していきます。皆さまの「食」に関する新たな発見に繋がれば幸いです。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」