鍋後白菜の危険な餃子

鍋後白菜の危険な餃子

Description

お汁が、一杯染みているので、粗く刻んで汁ごと包む。
小籠包みたいで、危険な美味しさ

材料

前日鍋後白菜(水分含めて)
250g
1束
豚赤身挽肉
150g
小さじ1/2
小さじ1
お好みで大蒜生姜
1cm
塩胡椒
少々
餃子の皮
50
熱湯
適量
前日の残りのネギがあれば
適量

作り方

1

写真

鍋後白菜を冷蔵庫で保存しておき、緩まない様、急いで粗く刻む

2

刻んだ白菜は、汁ごとボウルに入れて再度冷蔵庫へ

3

韮を細かく刻みます。

4

写真

ボウルに、豚挽肉、胡麻油、塩胡椒して、ざっと混ぜ、片栗粉入れよく練る。

5

写真

4のボウルに刻んで冷蔵庫に入れて置いた白菜を潰さないよう、優しく混ぜます。韮、あればアサツキなども。

6

一旦、冷蔵庫に保存して、焼く直前に作ります。

7

写真

手のひらに皮を乗せて、向こう側に餡をナイフなどですくって乗せ、水分擦り付けて、ノリがわり。

8

写真

キュキュッと、しっかりととめる。

9

写真

フライパンに油(分量外)を引いて、菜箸をさすと、泡が立つ状態になったら、餃子を離して並べます

10

写真

ちょっと、裏を見て、これ位になったら、強火にして、餃子がかぶるくらいの熱湯入れて、蓋します。

11

写真

水分が飛んで、パチパチいったら、出来上がり。破らない様気を付けて、お皿に。

12

我が家は、ポン酢に千切り生姜。
お好みでラー油。

13

写真

椎茸につめつめ。
先っちょを少しだけ切る

14

写真

ビニール袋に片栗粉入れてふりふり

15

写真

ナイフで隙間まで、みっちり詰める

16

写真

こんな感じ

17

写真

もう一度、まぶして

18

写真

胡麻油ひいて、満遍なくコロコロ

19

写真

水50cc、めんつゆ大さじ2、生姜チューブ1.5cm、料理酒小さじ一杯.砂糖小さじ一杯を混ぜて置きザーッ

20

写真

照りッ照りの、椎茸肉詰め。
ジューシー

コツ・ポイント

餃子の餡は、一晩寝かせるとよりgood
焼くとき、絶対皮が破れない様に、離してフライパンに並べて熱湯。
我が家は、基本的に野菜7割、肉3割。サッパリしていて、いくつでも食べれる。胃にもたれません。
餃子の皮は、大判で、分厚いのが良いかも。

このレシピの生い立ち

お鍋して、グッタリした白菜残って、取り出して雑炊したあと、捨てるの勿体無いしで。具材の出汁が物凄く出てて、最近は、餃子用に、大目に用意。
レシピID : 5273374 公開日 : 18/10/02 更新日 : 18/10/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」