かぶるくらいの水とは

鍋に材料を平らに入れ、材料が水面から出ない程度の水加減のこと。「ひたひたの水」より水加減が少し多めで、材料全体がぎりぎり水につかっています。

かぶるくらいの水で煮物を作る際には、材料がきっちりと平らにおさまるくらいのサイズの鍋を選びます。

材料が水面から出ない程度の水加減

1c3c398e2dcdba4387f89d70333b6e8e