とうきびとじゃがいものおいしい食べ方♪

とうきびとじゃがいものおいしい食べ方♪
秋です。とうきびとじゃがいものおいしい季節になりました♪一番おいしいのは、ゆでたて・ふかしたてですが、朝食やお酒の肴にもアレンジできます。

材料 (2人分)

とうきび
もぎたて「優味」
じゃがいも
ニセコ産キタアカリ

1

写真

とうきびは買ってきたらすぐにゆでるのがおいしさのコツ。大きな鍋にお湯を沸かしたら、海水に近いくらいに塩を入れます。7~8分ゆでたら火を止め、そのまま3分放置します。

2

写真

ゆでたてはそのまま食べるのが一番(笑)。多めにゆでたら一本ずつラップをしてあら熱をとって冷凍保存し、食べるときにレンジで2分加熱した後にトースターで焦げ目を付けて食べると香ばしくておいしいです。

3

写真

実をほぐしたものを冷凍しておいておつまみのバターコーンやシチューの具にもできます。朝食用に食パンの上にコーンをたっぷりとのせてマヨネーズ・プロセスチーズをかけてトースターで焼くのがお気に入りです。

4

写真

じゃがいもはよく洗い皮つきのまま蒸し器で約20分、竹串がすっと通るまで蒸します。やっぱりバターと塩のじゃがバターが最強ですね(笑)。

5

ふかしたじゃがいもにイカの塩辛をのせるとビールによく合うおつまみになります。これはかなりクセになる味です。

6

写真

ゆでてマッシュしたじゃがいもにいもの1/3の量の片栗粉を加えて小判型に成形し、フライパンでバターで焼きます。醤油・砂糖・みりんのタレを掛けて食べる「いももち」は居酒屋の定番メニューです。

7

写真

とうきびをおいしく食べる王道、バターコーン。一粒ずつ食べるもよし、がっつくのもよし(笑)。ちょっぴりガーリックパウダーを加えると風味がでます♪

8

写真

いももちの和風チーズ焼きです。耐熱皿にバターで焼いたいももちを並べタレをかけ、とろけるチーズ・マヨをかけてトースターで焦げ目が付くまで焼きす。バジルをお好みでかけて出来上がり。もちもち感がおいしー♪

9

写真

冬の間。北海道のとうきびとアスパラが恋しくなる自分がいるので(笑)、旬の時期にせっせと茹でて冷凍します。真冬に食べると、若葉芽吹く春が待ち遠しい!発酵バターでアスパラととうきびを炒め、にんにく胡椒と天然塩で味付けました。

コツ・ポイント

じゃがいもの保存は、直射日光を避け、湿気の少ないところで。りんごを1個入れておけば発芽をおさえてくれます。キタアカリは男爵との掛け合わせなので煮物には向きませんが、黄色で甘みが強く、低農薬で栽培されているのでイモの味を楽しめます。

このレシピの生い立ち

レシピID : 62066 公開日 : 02/08/15 更新日 : 04/02/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

10/08/25

写真

安売りしてたとうきびで♪美味しく茹で上がりましたぁ(*^^*)/

YUIっぺ☆

つくれぽありがとうがざいます!

09/09/09

First tsukurepo mark
写真

甘味が強く美味しい!茹でた後3分が決めてかな!^^

コーヒーたん

つくれぽありがとうございました!