【アムド牧畜民の味】野葱バターソース

【アムド牧畜民の味】野葱バターソースの画像

Description

夏の草原に咲く紫色の野葱 (アリウム・ビージアヌム) の花を使った料理。日本でも作れるようにアレンジしました。

材料

バター (無塩)
200グラム
4カケ
エディブルフラワー (あればチャイブスなどの花)
30グラム程度
牛乳 (ヤクのミルク)
100cc
5グラム
ツァンパ (はったい粉)
200グラム
適量

作り方

  1. 1

    写真

    小さめの鍋にバターを入れ、弱火で溶かします。有塩バターを使う場合は後で加える塩を調節してください。

  2. 2

    写真

    バターを火にかけている間にニンニクをみじん切りにします。

  3. 3

    写真

    5分ほどバターを加熱し、バターに含まれる水分をよくとばします。無塩バターの場合は、塩を5グラム加えます。

  4. 4

    写真

    刻んだニンニクをバターに加えます。

  5. 5

    写真

    そこにミルクを加え、さらに3分ほど加熱する。

  6. 6

    写真

    火を止め、エディブルフラワーを加えます。緑の額も刻んで加えるとよいアクセントになります。

  7. 7

    写真

    軽く混ぜ合わせたら火からおろしておきます。

  8. 8

    写真

    ツァンパ (はったい粉) に水を少しずつ加えます。

  9. 9

    写真

    ツァンパが耳たぶくらいのかたさにまとまるまで、手でよく練ります。

  10. 10

    写真

    練ったツァンパを大きめの白玉団子程度の大きさに丸めます。

  11. 11

    写真

    丸めたツァンパを壺の形に成形します。

  12. 12

    写真

    この壺状のツァンパの中に、先ほどの野葱バターソースを注ぎます。

  13. 13

    写真

    完成です。チベット語ではこの料理を「ゴクコ」(「ゴク」はニンニク、「コ」は壺) と言います。

  14. 14

    写真

    東北チベットでは、この野葱バターソースをモモ (蒸し饅頭) につけて食べることもあります。

  15. 15

    写真

    ソースを蒸しパンにつけてもとてもおいしいです。

  16. 16

    メモ:チベットの草原に咲く野葱の花を用いたこのソースは、夏限定のメニューです。

  17. 17

    メモ:日本では秋冬向きの料理です。

コツ・ポイント

エディブルフラワーは熱で色が変わりやすいため、すぐ火からおろすのがポイントです。また、花の量が少なすぎるとバターとミルクが分離しやすくなります。

このレシピの生い立ち

情報提供:海老原志穂

協力:チベットレストラン&カフェ タシデレhttps://tashidelek.jp/

助成:
味の素食の文化センター研究助成
レシピID : 7300783 公開日 : 22/09/01 更新日 : 22/11/08

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート