スコーン(ヨーグルト使用、チーズ入り)

スコーン(ヨーグルト使用、チーズ入り)
牛乳の代わりにヨーグルトを使用。
少し酸味のあるスコーンです。
生地の厚さ次第で
サクサクにもふわふわにも仕上がります。

材料 (天板1枚分)

薄力粉
200g
小さじ1~2 ※少ないほどサクサクです。
砂糖
大さじ1.5
バター
60~70g
好みのチーズ
30~60g
ヨーグルト(牛乳でもOK)
90~120g

1

※材料について(1)
・ヨーグルトの量は、粉との混ざり様で加減する。耳たぶより固く、やや粉っぽいくらいの固さにする。

2

※材料について(2)
・牛乳の場合は、やや少な目(70cc~110cc程度)で様子を見た方が良いです。

3

※下準備(1)
・バターとチーズは予めそれぞれ細かく刻み、よく冷やしておく(冷凍庫に入れてもOK)。

4

※下準備(2)
・小麦粉と砂糖とベーキングパウダーを合わせ、乾いた木ベラなどでざっくりと混ぜておく。

5

※下準備(3)
・オーブンを200度にセットする。

6

<手作り版>

7

粉類の上に、バターをほぐしつつ入れる(細切れバター1ピースずつに、満遍なく粉をまぶす様に)。

8

バターを擦り潰すようにして粉に混ぜ込み、パン粉の様なポロポロにする。

9

チーズもほぐしながら[2]の粉に加える。こちらはそれほど潰さなくてもOK。

10

ヨーグルト(または牛乳)を加え、ざっくりと切るようにして混ぜ合わせる。

11

打ち粉をした台の上で1cm~1.5cmの厚さに伸ばし、包丁で好みの大きさに切る。

12

200度のオーブンで10分。190度に下げて5~15分(色を見つつ)焼く。

13

荒熱をとって冷凍しておくも、焼きたてをそのまま食べるもお好みで(^-^)v

14

<お手軽版>
フードプロセッサー使用

15

粉類と、冷やしておいたバターとチーズを軽くまぶす。

16

フードプロセッサーにかける→ポロポロになればOK。

17

ヨーグルトを加え、またフードプロセッサーにかける。大体まとまればOK。

18

伸ばす→焼く。(※上記手作り版の11以降と同様に)

コツ・ポイント

・右上に一緒に写っているのは、一晩水切りしたヨーグルト。(水切りにはコーヒーフィルターを使うと便利です♪)

・なお、水切りヨーグルトはそのままでも胡椒・蜂蜜・レモン汁などを好みに合わせて混ぜ込んでも、それぞれに美味です*

このレシピの生い立ち

紅茶好き仲間の友人に、教えてもらったレシピです。

チーズの代わりに干しブドウを入れると、甘いおやつになります。(最近はもっぱらこちらばかり…)

なんにも入れなくても、充分おいしいです:)
レシピID : 796934 公開日 : 09/04/30 更新日 : 13/12/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」