しっとりやわらか蒸し鶏の梅しそ冷製スパ

このレシピには写真がありません

Description

レンジ蒸し鶏、パサパサになったり鶏臭かったり。
自分用覚書ですが、今日のはうまくいったので。

材料 (2~3人分)

鶏胸肉
1枚
少々
こしょう
少々
A.日本酒
大さじ3
A.しょうが汁
小さじ2
しょうがスライス
4片
B.梅干し(塩と赤しそだけで漬けた直径3cm位のもの)
2~3個
B.だし汁
100cc
B.しょうゆ
小さじ1
オリーブオイルまたはサラダ油
適当
青しそ
好きなだけ
スパゲティ
200~300g

作り方

1

梅干しの種をはずし、包丁で細かく叩く。
だし汁でのばし、しょうゆを加えて混ぜる。
冷蔵庫でひやしておく。

2

鶏胸肉の皮にフォークでまんべんなく穴をあける。
塩こしょうをしてしばらく置いた後、Aに15分程漬け込む。

3

漬け汁ごと皿にあけ、鶏胸の上下にしょうがスライスを置く。
ふんわりとラップをかけて、電子レンジ500Wで4分加熱。

4

熱いまま、密封できるポリ袋などに漬け汁ごと入れ、空気を抜く。
そのまま冷凍庫で急冷する。(凍らせないよう注意!)

5

パスタを記載時間通りにゆでる。ゆであがったらすぐに氷水でしめ、ざるでよく水気を切る。水気が切れたら、オイルをまぶす。

6

パスタを皿に盛り、蒸し鶏のスライス、青しその千切りをのせて、梅ソースをかける。
全部を一度に和えてもよい。

コツ・ポイント

・しょうがのタンパク分解酵素により肉が柔らかくなる。
・12度エタノール(清酒のエタノール度数)浸漬により肉内部に浸透、沸点が低くなる。低温加熱のためタンパク質の変性(肉線維の凝固・収縮)が抑制され、肉の柔らかさが保てる。肉汁流出も抑制。

このレシピの生い立ち

今日は暑かったから、あっさりした冷製スパ食べたい!
冷凍庫の鶏胸ストックも、そろそろ処分せんとなぁ。
・・・で作りました。
レシピID : 1133732 公開日 : 10/05/31 更新日 : 10/05/31

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」