Cassoulet 本格的フランスカスレ

Cassoulet 本格的フランスカスレ
南フランスの地方家庭料理、カスレ。
カスレと言われる陶器の器で焼くところが、名前の由来です。家族の冬のお気に入りの味。

材料 (約4人分)

白いんげんの水煮缶
1缶(300~500gくらい?)
豚三枚肉のかたまり(バラや背肉でも)
800g
トゥルーズソーセージ
1~2本
鴨のコンフィ(あれば)
1本
玉ねぎ
1個
にんじん
2本
2~3かけ
15~20g
薄力粉
大匙1
ブーケガルニ
1束
子玉ねぎ(あれば)
2~4個
ガチョウの脂(又はサラダオイル)
大匙1
塩コショウ
適量
適量

1

写真

玉ねぎはみじん切り、にんじんは薄い輪切り、豚肉は大きめの角切り。ソーセージとコンフィはそのまま。インゲンは水をきる。

2

写真

鍋にガチョウの脂(サラダ油)を熱したら、ソーセージと豚肉を炒める。焼き色が付いたら、取り出す。

3

写真

玉ねぎ、潰してきざんだニンニク、人参を弱火で炒めたら、トマトペーストと薄力粉を入れてさらに炒める。

4

写真

しっかり混ざったら、水を材料がかぶるまで入れる。

5

写真

塩コショウして、ブーケガルニ、小玉ねぎを入れて軽く煮る。

6

写真

そこに2で焼き色を付けた肉を入れて、水を材料がかぶる位いれる。約1時間ゆっくり煮る。

7

写真

焼く皿に白いんげんの半分を入れて、6の具を入れる。その上に白いんげんの残りを入れて、スープをできるだけ入れる。

8

写真

パン粉を全体にしっかりふりかけたら、200度に温めたオーブンで20分くらい焼く。

9

写真

焼き上がり! その日も美味しいですが、翌日、翌々日も味がしみて美味しいです!暖めもオーブンで!

コツ・ポイント

インゲンは乾燥豆から料理しても。その場合は、前日に水に浸しておいて、翌日水洗いをしたら、玉ねぎ1個とベイリーフをいれて、豆がかぶる分の水を入れて1時間茹でる。

このレシピの生い立ち

冬になると食べたくなるカスレ。。これぞ、本物のカスレのレシピ!
レシピID : 1327007 公開日 : 11/01/12 更新日 : 14/02/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

13 (10人)

16/07/17

写真

普通のソーセージで作りましたがとても好評でした!またリピします♪

こてかる

わー!嬉しいです!美味しそう!レポありがとうございます!

15/12/07

写真

もう何度リピしているかわからない位になりました!美味しすぎです!

ミニオン

わ~!とっても嬉しいです!ありがとうございます!

15/09/29

写真

初めてでしたがおいしくできました!手間暇かけることも大切ですね。

shimanaco

本当に愛と手間をかけたものは美味ですね♡ありがとうございます

14/10/22

写真

美味しくできました!ありがとうございます!

asianinaz

わぁ!とっても美味しそうです!ありがとうございます!