埼玉の冷汁(ひやしる)

埼玉の冷汁(ひやしる)

Description

夏バテ気味でも信じられないくらい食べられて、栄養もしっかりとれる救済食ですよ。

材料 (三人分(だいたい))

きゅうり
1本半~2本
ごま(金か白)
大さじ2
青しそ
5枚
味噌
大さじ山1程度
砂糖
大さじ1
ひやむぎ
適宜

作り方

1

ごまを煎ってすり鉢ですり、刻んだ青じそを入れて、よくすりつぶす。
味噌も入れてする。味噌汁よりは濃く。1.5倍くらい?

2

砂糖も入れてする。量はお好みで。甘いのが好きな人もいます。

3

薄い輪切りにした胡瓜を入れ、すりこぎで和えて水を出してから、少しずつ冷水でのばす。
やや濃いめぐらいで汁は完成。

4

以上を作りながら、ひやむぎをゆでて、氷水でしめる。
ざるで供して、ひやしるにつけてたべる。
ご飯にかけることもある。

コツ・ポイント

キュウリから出る水や、麺の水で次第に薄くなるので、はじめはやや濃いめに。
田舎は夏にキュウリをたくさんもらうので、どっさり入れてください。その他の量、すべてお好みです。
煮干などのダシ成分をいれる人もいますが、私は無しで。

このレシピの生い立ち

埼玉では、これが郷土料理だとは知らないほど当たり前に食べます。
お店では本来は食べないものでしたが、近年は出す店もふえてきたようです。

写真、子どもの食器が写っててスミマセン。
レシピID : 3401330 公開日 : 15/09/13 更新日 : 15/09/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

17/10/25

写真

以前から、気になっていた料理が美味しく出来て、良かったです。

rolaarita

ありがとうございます。もう秋ですが暑い時期にもまたぜひ。

16/05/19

First tsukurepo mark
写真

実家でも夏は毎日冷や汁やってました。分量の目安助かりました!

tmk1123

ありがとうございます。これからシーズン突入ですね!