冬の手仕事♪手作り味噌

冬の手仕事♪手作り味噌

Description

味噌作りは、ゆでる→つぶす→混ぜるというシンプルな手順で仕込むことができます。わが家の「手前味噌」を楽しんでみませんか?

材料 (作りやすい分量 ※<>内は少人数向け)

大豆(乾燥)
1kg <500g>
1kg <500g>
450~500g <250g>
★分量の目安(大豆:麹:塩)
1:1:0.5 ※甘口にする場合は、麹だけ1.5~2倍に増やす。
道具(大豆をゆでる)
(圧力鍋でもOK)
大きめのボウル
(麹と塩を混ぜる)
ザル
(ゆで大豆をあける)
道具(つぶして混ぜる)
厚手のポリ袋
(仕込みの重石用にも)
大豆をつぶす道具
※作り方手順を参照
はかり
(つぶし加減をみる)
道具(仕込む)
味噌を仕込む容器(ホーローや陶器のカメ、プラスチックの密閉容器など)
(容量5Lぐらい)
ラップ
(空気を遮断する)
落し蓋
(下記の塩+ポリ袋で代用可)
重石
約2kg(ポリ袋に塩2kgを入れて使うのがおすすめ)
ひも
(最後に口を縛る)

作り方

1

2

写真

3

写真

4

5

6

写真

7

写真

8

9

写真

10

写真

11

写真

12

13

写真

14

写真

15

16

17

写真

18

コツ・ポイント

・大豆は芯までやわらかく、しっかりゆでる
 ※圧力鍋を使うとゆで時間を短縮できます。
・カビを防ぐためにも、塩の分量は減らさないこと
・容器に入れたら、空気に触れさせないように注意
・「天地返し」なしでもOK
・完成後は冷蔵庫で保存する

このレシピの生い立ち

同じ大豆と麹、塩を使っても、出来上がる味噌の味わいはそれぞれのご家庭や作る年によってさまざまです。でも、手作り味噌ならではの格別な風味は、一度味わえば忘れられないおいしさ。大地を守る会の大豆でぜひチャレンジしてみてください。
レシピID : 3498027 公開日 : 15/12/07 更新日 : 19/02/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

8 (7人)

18/03/14

写真

リピレポ、今年も作りました!右の味噌は去年仕込んだものです。

micchanhi

リピート嬉しいです!今年も美味しい味噌になりますように!!

17/06/05

写真

味噌汁がいつもより美味に感じた!最高の出来だわ!

eiyoushi

おお!手作り味噌は味も香りも格別ですよね♪れぽ嬉しいです!

17/03/13

写真

アメリカで初の味噌作り。わかりやすい手順に感謝!今年の秋が楽しみ

micchanhi

そちらでも麹が手に入るんですね!美味しく仕上がりますように♪

17/02/11

写真

とても分かりやすかったです^ ^ありがとうございます!

そーし

お褒めいただいて光栄です♪美味しくでき上がりますように!