ヒラメの聖護院大根あん薬味たっぷり

ヒラメの聖護院大根あん薬味たっぷり
聖護院大根のみぞれあんがやさしく
ヒラメとマッチして、薬味達もその美味しさを引き出します❗

材料 (2人分)

ヒラメ(長島産)
2切れ
適量
レモンオリーブオイル
適量
マヨネーズ
適量
適量
聖護院大根
お好きなだけ
昆布かつおのだし
300cc
大さじ1
日本酒
大さじ1
大さじ1と1/2
ミツバ
適量
島ミカンのかわ
適量
生山葵
適量

1

写真

聖護院大根は使いたい分切りわけ、皮を向いてすりおろしてザルに入れて水気をきっておく。

2

写真

ヒラメは軽く塩をふり表面が濡れてきたら、キッチンペーパーで汗を拭き取る。

3

写真

マヨネーズにオリーブオイル(今回はレモンと一緒に搾ったもの)を混ぜ合わせ

4

写真

ヒラメにまんべんなくオリーブマヨネーズを塗り、パン粉をつけて、フライパンに多目のオリーブオイルを入れてしっかり焼く。

5

昆布鰹出しに、調味料をいれ、水溶き片栗粉を入れてとろみがついたら、聖護院大根、ミツバをいれる。

6

写真

お皿にヒラメその上にみぞれあんをかけ、薬味の本山葵、島ミカンのかわを振りかけ完成。

コツ・ポイント

とれたて新鮮な地元長島のヒラメを使用してますが、それでも、ひとてまかけて、ひと塩して魚をおいておくと、美味しさが倍増!

このレシピの生い立ち

近所の畑で出来た聖護院大根を頂き、長島産ヒラメが手に入り、疲れた胃にはこれしかない!と
晩酌にもあうように薬味でパンチ入れてみました。
レシピID : 3546587 公開日 : 15/11/30 更新日 : 15/11/30

このレシピの作者

長島町は鹿児島県の北西部に位置し、温暖な気候と青く美しい海岸線に恵まれた町です。赤土バレイショ・養殖ブリ・みかん・芋焼酎などの美味しい味覚の町です。町の特産品をつかった数々のレシピを公開していきます。 町の生産者の声と特産品を紹介する「長島大陸食べる通信」「長島大陸市場」も好評受付中 http://taberu.me/nagashima/  http://nagashimatairiku.com/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」