超簡単!超万能!夏バテに激うまニラだれ。

超簡単!超万能!夏バテに激うまニラだれ。
ニラを刻んで調味料と混ぜるだけ。
ニラは滋養強壮・疲労回復!
体を温めて血行を良くし、肩こりや生理痛にも効果があります。

材料 (作りやすい分量)

にら
1束
1本
適量
醤油・みりん・お酢
醤油2:お酢:1:みりん1 =全量で1/2カップ〜適量を用意。
※調味料はこの割合で瓶にひたひたに入るぐらいの量を作ってください。

1

写真

にらはみじん切りに。鷹の爪は半分にちぎって種をのぞく。
保存びんにニラと生姜を詰め込んだら、調味料をひたひたに注ぎこむ。

2

写真

鷹の爪をのせ、最後にごま油をたらして表面に膜をはる(空気にふれないようにするため)。
完成。
翌日から食べられます。

3

写真

冷蔵で1ヶ月保存可能。
納豆にニラだれを混ぜて、炊きたてご飯と一緒に。
おいしい!
冷しゃぶや冷や奴にも超オススメです!

4

写真

つるんとした水餃子にたっぷりかけて。
いたって普通の水餃子も、ニラだれで味にメリハリがつきます。

5

写真

鶏むね肉と豆腐で作ったつくねに。
照り焼きみたいな甘辛いたれだと飽きてしまう子供も、ニラだれならたくさん食べてくれます。

6

写真

豚肉のビタミンB1と合わせてうどんに。
塩・こしょうで炒めたひき肉と、ニラだれを和えるだけです。

7

写真

ニラをネギに代えて、油淋鶏(ユーリンチー)のたれにしても。
唐揚げやソテー、南蛮漬けなどにも合いますよ。

コツ・ポイント

ニラは豚肉や卵や納豆や豆腐などビタミンB1が豊富な食材を組み合わせることで、体への吸収率がグンとアップします。
ニラレバに、肉野菜炒め、ニラたま、ニラ納豆、体の理にかなった食べ方なんですね。
お肉に、卵に、豆腐に納豆に、活用しましょう。

このレシピの生い立ち

急な温度変化で体力が落ちる季節、
旬のニラで元気が出る献立を作ってみましょう。
ニラの緑色の成分はクロロフィルです。
摂取することでヘモグロビン値を上昇させることから、貧血予防・冷え性・肩こり・腰痛・神経痛にも良いと言われています。
レシピID : 3940829 公開日 : 16/06/25 更新日 : 18/07/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

74 (68人)

18/07/23

写真

甘さが苦手なのでみりん半量にして鷹の爪倍量にしました!美味しい

クック7SO4WN☆

ありがとうございます。嬉しいです☆またレシピ共有します♪

18/07/01

写真

出来たてです。いりゴマを足してみました。 使うのが楽しみです。

クックT8OOCO☆

嬉しいです☆ありがとうございます。またレシピ共有します。

18/06/26

写真

このためにニラを買いました。豆腐サラダにドーンと。美味でした!

BOWBOW♪

ありがとうございます☆

18/06/18

写真

炒め物に☆万能な味ですね!色々な食べ方試してみます(^^)

かおいわ

ありがとうございます。嬉しいです☆

1 2 3 4 5